当院の理念

野原歯科医院が大切にしている方針

過剰診断・過剰治療はいたしません ~患者さまに負担をかけない、正確な診断と治療を徹底しています~

患者さまの負担を軽減するため、症状と必要な治療をしっかりと見極めて
「過剰診断・過剰治療」をなくします。



当院では、院長が専門機関での治療が望ましいと判断した場合、当院で診断・治療はしていません。

過剰診断・過剰治療で、患者さまに負担をおかけしてしまうことを避けるためです。

ていねいで正確な診断を心がけ、そのような治療が必要であれば信頼できる高次医療機関をご紹介させていただきますので、ご安心ください。



できるだけ「抜かない」「削らない」治療で、天然の歯を残します。




天然歯は、見た目や強度、機能性などにおいて、どんな人工歯よりも優れています。

しかし、むし歯や歯周病の治療で削ったり抜いたりしてしまうと、二度と再生することはありません。

だからこそ当院では、天然の歯をなるべく「抜かない」「削らない」治療を心がけています。

むし歯の段階が「CO」という初期段階の場合は、ていねいなブラッシングだけでも進行を抑えることができます。そのため、治療を急がず経過観察をしています。

もちろんむし歯が進行すれば治療は行いますが、基本的には削らず、どうしても必要な場合は必要最低限の量を削るようにしています。



麻酔の仕方を工夫して、痛みを最小限に抑えた治療を提供します。



当院では、熟練の技術や細やかな配慮で、痛みの少ない治療を心がけています。 「歯医者が怖い」というトラウマや先入観をお持ちの方もご安心ください。

1. 歯医者に行くのが怖い
2. 痛いのは嫌だ
3. 歯科治療にトラウマがある

そんな先入観から、歯科医院になかなか足を運べずにいる方も少なくありません。

しかし、一度むし歯になってしまうと自然に治ることはありませんから、歯科医院での治療が必要不可欠なのです。

そこで当院では、患者さまにご安心して治療をお受けいただけるよう、痛みの少ない治療を心がけています。


見極めを大切にしています。

過剰診断・過剰治療を避けるためには「見極め」をしっかり行うことが大切です。

患者さまが今どのような症状で、どのような辛さがあるのか。そして、その辛さを取るためにはどのような治療を行うべきなのか。

そういった部分をしっかり見極め、本当に必要な治療をご提供することが歯科医師の務めだと考えています。

たとえば、入れ歯治療で「現在使用されている入れ歯を手直しするだけで、心地良く長く使ってもらえそうだ」と診断した場合は、その入れ歯を修理するようにしています。

もちろん「新しい入れ歯を入れたい」というご要望があれば、その方に合った入れ歯をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

まず、現在使っていただいている入れ歯が合わない場合、簡単な修理を行います。それを使っていただき、満足いただけたならば、新たな義歯は作りません。

二つあっても、結局は一つしか使えないからです。また、噛み慣れた愛着のある義歯は心地良いからです。

患者様との信頼関係 〜勤務医を置かず、院長が責任を持って治療します〜

「野原先生に診てもらいたい」と思っていただけるよう
細やかな気遣いで患者さま一人ひとりと信頼関係を築いてまいります。



当院では、歯科治療における技術はもちろんですが、患者さまとの信頼関係を築くことも大切にしています。

おかげさまで開院時からずっと通われている患者さまも非常に多く、長年にわたり患者さまのお口の中の健康をサポートしてまいりました。

また当院では、来院いただいた際に必ず、受付の者が患者さまに「前回の治療はどうでしたか?」とお伺いしています。そうすることで、歯科医師に言いづらいこともお気軽にお伝えいただけると考えているからです。

そして、そこでお伝えいただいたことはカルテに記入し、しっかりと歯科医師と共有いたしますので、二度同じ話をする手間もございません。

「治療が痛かった」「治療時間が長かった」などのご不満が少しでもございましたらお気軽にお話しください。ただし、より正確さを求めるために、二度お聞きすることもありますのでご了承ください。



天然の歯に勝るものはありません ~できるだけ抜かず、削るのは最小限~

できるだけ「抜かない」「削らない」治療で、天然の歯を残します。神経を極力残す治療も心がけています。

天然歯は、見た目や強度、機能性などにおいて、どんな人工歯よりも優れています。

しかし、むし歯や歯周病の治療で削ったり抜いたりしてしまうと、二度と再生することはありません。だからこそ当院では、天然の歯をなるべく「抜かない」「削らない」治療を心がけています。

むし歯の段階が「CO」という初期段階の場合は、ていねいなブラッシングだけでも進行を抑えることができます。

そのため、治療を急がず経過観察をしています。もちろんむし歯が進行すれば治療は行いますが、基本的には削らず、どうしても必要な場合は必要最低限の量を削るようにしています。

また、詰め物や被せ物をするとその周りから新たなむし歯ができるなどのデメリットも多いため、削る量を少なくして詰め物や被せ物も最小限にしています。



できるだけ削らない治療で神経もできるかぎり残します

むし歯になるとエナメル質や象牙質の一部を失いますが、その際に重要な働きをするのが神経です。

「象牙質」がむし歯になってしまった場合、時間をかけてゆっくり神経が少し下がりそこに「第二象牙質」ができます。

神経を取ると歯がもろくなり、噛む力で歯が破損してしまうこともあります。さらに、歯の神経には毛細血管がありますので、神経を抜くと歯に栄養がいかなくなり、変色を起こすことがあります。

長期間に少しずつ進行したむし歯は、むし歯の部分を除去しても、すぐに神経が露出しないことがあります。

多少むし歯が大きい場合でも神経をあわてて抜かずに、むし歯部分を削って薬剤を入れる治療を行うことが可能になります。

できるだけ抜かない治療をします天然の歯に勝るものはありません

天然の歯は、一度抜いてしまうと二度と生えてきません。そのため、抜歯をするかしないかは慎重に判断します。

できるだけ抜かない方法を考え、どうしてもデメリットが多い場合のみ抜歯をご提案します。その際、しっかりと抜歯のメリット・デメリットをご説明した上で患者さまご自身にお選びいただいています。

当院では、患者さまの立場にたった治療を心がけておりますので「体調が少し良くなってから抜きたい」「人前に出る機会があるから今は抜けない」などのご要望にはなるべくお応えします。

患者様に気持ちよく過ごしていただける院内作り患者様との信頼関係

当院では、患者さまに気持ち良く治療をお受けいただけるよう、ユニットをはじめとした院内環境を常に清潔に保っています。

また、車椅子やベビーカーをご利用の患者さまにも配慮しております。なるべく患者さまをお待たせしないよう予約管理もしっかりと行うなど、患者さまに気持ち良く快適にお過ごしいただける医院を作ってまいります。

もしも、ホームページに記載されている内容と違う、とお感じになられた場合は、教えていただけたら幸いです。