単なる歯面清掃にとどまらないPMTCの本当の効果

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、単なる歯面清掃にとどまらないPMTCの本当の効果 についてお話しします。

PMTCの効果効能というと、多くの方が、歯の表面、すなわち歯面についた着色汚れなどを取り除く”歯面清掃”を挙げられると思います。

確かに、PMTCを受けると、歯の表面についた着色汚れが取り除かれ、その歯が本来持っていた自然な色合いを取り戻せますから、そう思う方がいらっしゃるのも無理はありません。

しかし、PMTCの本当の効果は、単なる歯面清掃ではありません。

では、PMTCの効果とは、一体なんなのでしょうか。

今回は、PMTCの本当の効果についてお話ししようと思います。

PMTCについて

PMTCについてお話しします。

PMTCとは

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、1974年にスウェーデンで提唱されました。

直訳すると、専門家(プロフェッショナル)による機械を使った歯の清掃となります。

ここでいう専門家とは、歯科医師や歯科衛生士のことです。

具体的には、専門家が、歯冠から歯肉の縁より1~3mmほど下までの範囲についているプラークを電動器具と研磨用のフッ素配合ペースト材料できれいにする処置です。

単なる歯面清掃と捉えられる理由

前置きのところで、PMTCイコール歯面清掃と捉えられてしまう理由は一体どこにあるのでしょうか。

先ほども言いましたように、PMTCはプラークを取り除く処置なのですが、プラークを取り除く過程で、着色汚れも同時に取れてしまうからです。

着色汚れを取り除こうとしたからではなく、あくまでもプラークを取り除いた結果、きれいになったに過ぎないのですが。

一方、プラークを取り除いても、よほどたくさんついていた人でもない限り、プラークが取り除かれたという実感は感じにくいものです。

PMTC後に歯がきれいになったというイメージが強く残るため、PMTCイコール歯面清掃と捉えられてしまうのではないかと思われます。

単なる歯面清掃はPMTCの目的ではない

歯面清掃の原則は、審美的、すなわち見た目の問題としての着色汚れを取り除くことにあります。

着色汚れそのものには、病的な問題点はありません。

あくまでも見た目の問題に過ぎないので、これを取り除いても、治療上の処置にはなりません。

PMTCは、美容を目的として行われるのではなく、歯の病気に対する治療上の処置のひとつとして行われるものです。

ですから、単なる歯面清掃はPMTCの目的とするところではないのです。

PMTCの本来の効果について

歯面清掃がPMTCの本来の目的でないなら、PMTCの本来の効果とは一体なんなのでしょうか。

プラークコントロール

プラークは、歯の表面についている白いカスのようなものです。

この中には、虫歯や歯周病などの原因菌がたくさん潜んでいます。

このため、最近ではプラークとは呼ばず、バイオフィルムと呼ばれるようになっています。

PMTCを受けると、このプラークが取り除かれます。

プラークを取り除くことをプラークコントロールといいますが、プラークコントロールがPMTCの第一の目的であり、主たる効果なのです。

虫歯や歯周病などの歯の病気の進行の抑制

プラークは、虫歯や歯周病の原因となる細菌の巣であることは先ほどお話しした通りです。

例えば、歯周病菌がたくさんいる状態では、歯周病の治療の成功は期待できません。

歯周病菌を減らすことが歯周病治療の第一歩です。

これは歯周病に限らず虫歯も同じです。

虫歯菌や歯周病菌を減らす方法は、プラークコントロールです。

PMTCにはプラークコントロール効果がありますので、虫歯や歯周病などの歯の病気の進行を抑え、悪化を防ぐ効果があります。

虫歯や歯周病などの歯の病気の再発予防

虫歯や歯周病などの歯の病気のほとんどは、プラークに原因があります。

虫歯や歯周病の治療を頑張って受けて、せっかく治療が終わったとしても、プラークが残ったままではいずれ虫歯や歯周病が再発してしまいます。

PMTCを受けるとプラークが取り除かれるだけでなく、新しいプラークがつきにくくなる効果も得られます。

すなわち、ご自宅での歯磨きでのプラークコントロールの効率が高まるので、PMTCを受けると虫歯や歯周病の再発を防ぐ効果も得られます。

まとめ

今回は、PMTCが持っている本来の効果についてお話ししました。

PMTCは、単なる歯面清掃ではありません。

確かにPMTCには見た目をきれいにしたり、すっきりとした爽快感を得たりする効果もあります。

しかし、これらはPMTCにとってはオマケのような効果です。

PMTCが目指していた本来の効果は、

①プラークの除去

②虫歯や歯周病などの歯の病気の進行の抑制

③虫歯や歯周病などの歯の病気の再発予防

です。

PMTCは、美容ではなく、病気の治療の一環として行われる処置なのです。

ですから、保険診療の給付が受けられるわけです。

当院では、PMTCの美容効果も期待していますが、それよりも本来の目的である歯の病気に対する医療行為という視点を重視しています。

もし、PMTCにご興味のある方は、当院にぜひお越しください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。