ぜひ知っておいて欲しいフッ素の3つの効果

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、ぜひ知っておいて欲しいフッ素の3つの効果についてお話しします。

虫歯になると、歯を削って詰めて治さなくてはならなくなります。

歯を削るのは誰しも嫌なものですから、できることなら虫歯にならないように予防したいところです。

虫歯予防といえば、フッ素(正確にいえばフッ化物ですが)をイメージされる方が多いと思いますが、どうしてフッ素が虫歯予防に効果があるのか、フッ素にはどのような作用があるのかなど、あまりご存知ない方も多いようです。

そこで、今回は、虫歯予防の代表とも言えるフッ素の働きについてご説明しようと思います。

フッ素の効果を理解して、積極的にお子さんの虫歯を予防しましょう。

虫歯の原因

虫歯の原因は、ミュータンス菌などの虫歯の原因菌が作り出した乳酸という酸です。

歯の表面を覆っているエナメル質は、ハイドロキシアパタイトという成分を主にしてできています。

ハイドロキシアパタイトで作られたエナメル質は、骨よりも硬いといわれるほどの硬さを有しています。

つまり、エナメル質は身体の中で最も硬いとされるほどの物質なのですが、ミュータンス菌が作り出す乳酸には弱く、容易に溶かされてしまいます。

つまり、虫歯は、ミュータンス菌などの虫歯菌が作り出した酸が、歯を溶かすことで起こる病気なのですね。

フッ素の3つの作用

フッ素は、3つの作用で虫歯を予防することが知られています。

再石灰化の促進作用

ミュータンス菌の作り出した酸によって歯が溶かされる現象を脱灰といいます。

唾液には、脱灰された直後の歯を元の状態に戻そうとする働きがあります。

これを再石灰化作用とよびます。

フッ素には、脱灰されたエナメル質に含まれるリン酸カルシウムに作用し、より再石灰化しやすくする効果があります。

つまり、フッ素には虫歯に溶かされた歯を自然に治す働きを促進する効果があるのです。

虫歯菌の活動抑制作用

虫歯の原因であるミュータンス菌は、歯の表面についているプラークの中に潜んでいます。

プラークとは、歯の表面を擦ったら取れてくる白いカスのようなもののことです。

フッ素が、プラークの中に入り込むと、ミュータンス菌の生存に欠かせない代謝という働きを抑えます。

この結果、ミュータンス菌は乳酸を作り出せなくなります。

また、プラークの内部でフッ素を取り込んだミュータンス菌は、自分自身にとって有害なフッ素を体外に排出しようとしますが、これがプラークに含まれるフッ素の濃度を高めます。

そして、再びミュータンス菌の代謝を抑えます。

こうして、フッ素はミュータンス菌の活動を抑え、虫歯の原因となる乳酸を作りにくくします。

歯質の強化作用

虫歯にならないようにする、つまりミュータンス菌の作り出す酸に歯が溶かされなくなれば虫歯は生じません。

実は、フッ素には、歯を乳酸に溶かされにくく強くする働きがあります。

それを、フッ素の歯質(歯の構造)の強化作用とよんでいます。

歯に取り込まれたフッ素は、再石灰化の過程にあるハイドロキシアパタイトに結合します。

フッ素と結合したハイドロキシアパタイトは、フルオロアパタイトやフッ化ハイドロキシアパタイトというものに変化します。

フルオロアパタイトやフッ化ハイドロキシアパタイトは、ハイドロキシアパタイトと比べて耐酸性が高く、ミュータンス菌の作り出す乳酸に溶かされにくい性質があります。

すなわち、フッ素には、歯の主成分を変化させて、歯の虫歯になりにくくする作用があるわけです。

効果的なフッ素の使い方

フッ素には、3つの働きがあり、それが虫歯を予防することがお分かりいただけたと思います。

では、そのフッ素をより効果的に使うためにはどうすれば良いのでしょうか。

そのポイントは、『毎日、コツコツ』です。

お口の中で脱灰と再石灰化は何度も何度もおこっています。

脱灰に要する時間と再石灰化にかかる時間では、再石灰化にかかる時間の方が長くなります。

そこで、食後にフッ化物を配合した歯磨き剤で歯を磨いたり、定期的にフッ素の洗口液でうがいをしたり、または歯科医院でフッ素を塗布してもらったりすることで、再石灰化を促進しましょう。

もし、再石灰化が完了する前に脱灰が再び起こってしまうと、虫歯に発展していきます。

しかし、初期虫歯の段階であれば、諦めるのにはまだ早いです。

初期虫歯の段階であれば、歯をきれいに磨きお口の中を清潔に保つこと、そしてフッ素を定期的に使うことで修復できる可能性があります。

ただし、初期虫歯が治るまでに、半年から1年ほどの時間がかかると言われています。

すなわち、フッ素で虫歯を予防するためには、毎日、コツコツとフッ素を歯の表面に作用させ続けること、そしてフッ素が再石灰化している間、さらに歯が脱灰しないように、歯をしっかり磨いて歯をきれいに保つことが大切なのです。

まとめ

今回は、虫歯を予防するフッ素の働きと、フッ素の効果的な使い方についてお話ししました。

フッ素には、

①再石灰化の促進作用

②虫歯菌の活動抑制作用

③歯質の強化作用

があり、これら3つの作用で歯を虫歯から守ります。

そのフッ素を効果的に使うためには、日々の歯磨きに加え、毎日コツコツとフッ素を歯を作用させ続けることが大切です。

今回ご説明したことを参考に、効果的にフッ素を使って、虫歯を予防してください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。