前歯の1/2冠よりグラディアダイレクトはいかがでしょうか

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、前歯の1/2冠よりグラディアダイレクトはいかがでしょうかについてお話しします。

前歯部の虫歯治療の方法の一種に1/2冠があります。

1/2冠は、前歯の裏側と片側の隣り合う面だけ削って金属で覆う治療法です。

前歯部の裏側を中心に広がった虫歯などの治療に適応されます。

前歯部の部分的な虫歯治療に3/4冠がありますが、削る面積がより小さいのが1/2冠です。

目立ちにくいとは言え、金属が入りますので、見方によっては金属が見えてしまいますから、審美性は高いとは言えません。

そこで、おすすめなのがグラディアダイレクトです。

今回は、前歯の1/2冠よりグラディアダイレクトをおすすめする理由についてご説明いたします。

■1/2冠とは

1/2冠とは、前歯の一部だけを金属で覆う部分被覆冠というタイプの被せ物の一種で、前歯の裏側と片方の隣り合う面だけを金属で覆います。

なお、前歯の裏側と左右両方の隣り合う面を覆うタイプは3/4冠とよばれます。

1/2冠が適応できないケース

1/2冠は、前歯部の治療法の一種ですが、前歯ならどんな歯でも受けられるわけではありません。

・歯が短い

歯の高さが低い、つまり歯冠の長さが短い歯には1/2冠は入れることはできません。

また、歯の厚みが薄い場合も同様に適応外となります。

・前歯の並びが悪い

前歯がきれいに生えておらず、傾いて生えていたり、歪んで生えていたりするような場合も、1/2冠は用いることはできません。

1/2冠のメリット

・強度が高い

前歯の小さな虫歯治療の方法には、1/2冠の他コンポジットレジンというプラスチックを詰める方法がありますが、コンポジットレジンはプラスチックなので、強度があまり高くありません。

かみ合わせによっては欠けたり外れたりするリスクがあります。

一方、1/2冠は金属製なので強度が高く、かみ合わせに負けることはありません。

・表側に金属が出ない

1/2冠は、裏側を中心にごく一部だけを金属で覆う被せ物です。

表側には金属が露出しません。

1/2冠のデメリット

・外れないようにするのが難しい

1/2冠は構造上外れやすいので、外れないようにピンホールという小さな穴を開けたり、溝を掘り込んだりする必要があります。

・金属が露出している

歯の裏側などごく一部分だけとは言え、金属で歯を覆いますので、金属の露出による審美性の悪化が避けられません。

■1/2冠ではなくグラディアダイレクトで治すと・・・

グラディアダイレクトは、ベースレジンにフィラーという粉末成分を組み合わせて作られたコンポジットレジンという歯科治療材料の一種です。

コンポジットレジンは保険診療にも使われますが、保険診療のそれと異なり、グラディアダイレクトでは、フィラーにセラミックの粉末成分を配合しています。

しかも、フィラー自体もサイズや形を最適化した上に、特殊加工を施しています。

こうした特徴により保険診療のコンポジットレジンにはないさまざまな特徴を生み出しています。

では、1/2冠ではなく、グラディアダイレクトで治すとどのような利点が得られるのでしょうか。

ピンホールがいらない

1/2冠は外れにくくするためにピンホールという穴を設けます。

穴の位置が悪かったり、深すぎたりすると歯がしみて痛くなる原因になることがあります。

グラディアダイレクトは、歯に直接接着させるので、ピンホールが必要ありません。

本物の歯のような仕上がりになる

グラディアダイレクトは、フィラーの特徴により治療後の仕上がりが本物の歯のような光沢感、透明感になります。

しかも、カラーバリエーションがとても豊富で、いろいろな歯の色に合わせられます。

こうした特徴により、グラディアダイレクトで治した歯は、本物の歯と同じような感じに仕上がります。

型取りがいらず、一日で治療が終わる

コンポジットレジンによる治療は、削ったその日のうちに詰めて治せるのが特徴です。

この治療法をダイレクトボンディングといいます。

グラディアダイレクトも、ダイレクトボンディング法で治療しますので、その日のうちに治療が終わります。

もちろん歯形を取ることもありません。

歯型取りが苦手な方も安心して受けていただけます。

1/2冠は、歯型をとって後日詰め物を装着しますので、治療は一日で終わりませんし、歯型取りも必要です。

金属アレルギーの心配がない

グラディアダイレクトは、金属を全く使いません。

金属アレルギーの方も安心して受けていただけます。

1/2冠は金属を使いますので、もし歯科用金属に金属アレルギーがある場合は、受けていただけません。

強度も高い

グラディアダイレクトは、フィラーの特性によりコンポジットレジンよりも強度が高められています。

そのため、1/2冠のように前歯の治療にも応用できます。

また、コンポジットレジンは、時間が経つと表面が荒れて、プラークがつきやすくなりますが、グラディアダイレクトなら強度が高いので、そのようなリスクはありません。

■まとめ

今回は、1/2冠とグラディアダイレクトを比較してみました。

1/2冠ではなく、グラディアダイレクトで治すと

①ピンホールがいらない

②本物の歯のような仕上がりになる

③型取りがいらず、一日で治療が終わる

④金属アレルギーの心配がない

⑤強度も高い

などの利点があります。

もし、前歯の裏側などの虫歯治療で、どのようにして治すか迷っている方は、グラディアダイレクトはいかがでしょうか。

当院は、グラディアダイレクトの治療経験が豊富なので、ご興味をお持ちになったら一度ご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。