オンレーよりも利点の多いグラディアダイレクト

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、オンレーよりも利点の多いグラディアダイレクトについてお話しします。

奥歯のかみ合わせの面は、咬頭(こうとう)という山のように盛り上がったところと、裂溝(れっこう)という溝の部分が複雑に入り組んだ形をしています。

奥歯に虫歯が出来たり、外傷で一部が欠けたりすることは珍しくありません。

裂溝の部分だけ虫歯で穴が開いたようなケースでは、インレーで治したりしますが、裂溝から咬頭の部分にかけての範囲にまで虫歯が及ぶと、オンレーという詰め物で治します。

一般的な虫歯治療で用いられるオンレーは、金属製なので見た目はとても不自然になります。

かといって、保険診療で用いられるコンポジットレジンというプラスチック製の詰め物ですと強度の点で劣っているので、すぐに破折してしまう可能性があります。

そこでおすすめしたいのが、グラディアダイレクトです。

今回は、オンレー治療でグラディアダイレクトを用いる利点についてお話しします。

■オンレー治療とは?

オンレーによる治療が選ばれるケース

オンレーによる治療が選ばれるのは、以下のような歯の治療です。

・インレーにすると、咬頭がかけてしまう可能性がある場合

・インレーではかみ合わせの面をきれいに修復できない場合

・インレーで治した歯の虫歯の再発例

・かみ合わせの面がかなりすり減っている場合

・歯が延びていて、かみ合わせの面の形を抜本的に修正しなければならない場合

オンレーの利点

・健全な部分を削らなくてすむ

オンレー治療では、歯の頬側や内側の健全な部分を削りません。

したがって、

・耐久性が高い

咬頭部分を金属で覆うので詰め物としての強度が確保されており、耐久性が高くなっています。

オンレーの欠点

歯のかみ合わせの面の大部分を金属で覆いますので、治療後の仕上がりに自然な美しさがありません。

■オンレーでなくグラディアダイレクトで治すと

グラディアダイレクトは、コンポジットレジンという治療材料の一種です。

コンポジットレジンは、ベースレジンにフィラーという微粒子成分を配合して作られています。

保険診療のコンポジットレジンと異なり、グラディアダイレクトはフィラー にセラミックの粉末を配合したり、フィラーの形やサイズを最適化した上で特殊加工を施したりしています。

本物の歯と同じような仕上がりになる

グラディアダイレクトは、前述したフィラーの特性により、治療後の光沢感や透明感が本物の歯に近く、しかもカラーバリエーションもとても豊富です。

グラディアダイレクトで治すと、本物の歯のような自然な仕上がりになります。

強度が高い

審美性が高くても、強度が弱ければオンレー部分には使えません。

しかし、グラディアダイレクトは、フィラーの特性により強度が高められています。

保険診療のコンポジットレジンでは、かみ合わせの力に耐えられないのでオンレーのような治療には使えませんが、グラディアダイレクトなら強度が高いので使えます。

また、強度が高いため、すり減りにくい、表面が荒れにくいという利点もあります。

一日で治療が終わる

コンポジットレジンを使った治療は、削って歯の形を整えたその日のうちに、コンポジットレジンを詰めて治療を終えることができます。

この治療法をダイレクトボンディングといいます。

治療期間が短いのもグラディアダイレクトの利点の一つです。

歯型を取らない

オンレーは、歯を削って形を整えたのち、歯型を取る必要があります。

一方、グラディアダイレクトによる治療では、歯型を取る必要がありません。

歯型を取ることが苦手な方にも、受けていただきやすい治療と言えます。

健全な部分をほとんど削らない

ダイレクトボンディング治療は、悪くなったところだけを削って詰める治療ですので、歯を削る量を最小限に抑えることができます。

オンレー治療の利点の一つである「健全な部分をほとんど削らない」という点は、グラディアダイレクトも同じように持っているわけです。

■もし、セラミッククラウンで治したら

審美性の高い治療は、グラディアダイレクトだけではありません。

その他の審美性の高い治療法としては、セラミッククラウンが代表的です。

オンレーやグラディアダイレクトではなく、セラミッククラウンで治すとどうでしょうか。

健全な部分も多く削る

セラミッククラウンは、セラミックで作られた被せ物を歯全体に被せる治療法です。

つまり、歯全体を削らなくては被せられませんから、健全な部分も必然的に削られます。

健全な部分をほとんど削らなくてすむオンレーやグラディアダイレクトと比べると、この点が大きく異なります。

治療費が高価

オンレーは、保険診療の適応を受けていますので、治療費はさほど高くありません。

セラミッククラウンは、保険診療の適応を受けていませんので、治療費がとても高額になります。

グラディアダイレクトも保険診療の適応外ですが、セラミッククラウンと比べると製作にかかるコストがかなり低いので、治療費を抑えることができます。

審美性が高い

セラミッククラウンは、本物の歯と同じような透明感、光沢感を備えています。

そのため、治療後の仕上がりが大変きれいです。

オンレーの審美性の悪さと比べると、セラミッククラウンの審美性の高さは利点の一つです。

治療に何度か通う必要がある

セラミッククラウンは、歯型をとって製作します。

したがって、歯の形を整えた日には被せ物は完成しません。

後日改めて通院しなければなりません。

グラディアダイレクトならその日のうちに治せますので、治療期間で比べるとグラディアダイレクトの治療の方が優れています。

■まとめ

今回は、オンレー治療とグラディアダイレクトの治療を比較してみました。

オンレーではなく、グラディアダイレクトで治すと、

①本物の歯と同じような仕上がりになる

②強度が高い

③一日で治療が終わる

④歯型を取らない

⑤健全な部分をほとんど削らない

などの利点があります。

当院は、グラディアダイレクトの治療経験がとても豊富です。

もし、グラディアダイレクトにご興味をお持ちになった方は、一度当院でご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。