人工歯冠の修理にも使えるグラディアダイレクト

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、人工歯冠の修理にも使えるグラディアダイレクトについてお話しします。

審美性の高い歯科治療の方法はいくつかありますが、代表的な方法といえばメタルボンドクラウンやオールセラミッククラウンなどのセラミックを使った被せ物が挙げられます。

セラミックはとても硬い物質ですが、かみ合わせたときなどに急に強い力が加わると、欠けたり割れたりすることがあります。

ところが、セラミックの被せ物は、製作するとき、セラミックの粉末をかけて形を整えて焼き、さらに粉末をかけてというプロセスを繰り返して作ります。

そのため、再びセラミックでなおすことはできません。

修理する方法にはいくつかありますが、おすすめなのがグラディアダイレクトでの修理です。

今回は、セラミッククラウンの修理にグラディアダイレクトをおすすめする理由についてお話しします。

■コンポジットレジンによる修理

コンポジットレジンとは、歯とよく似た色合いのプラスチック製の歯科治療材料のことです。

ベースレジンという成分とガラスなどの粉末で作られたフィラーという微細な粉末成分を組み合わせて作られています。 

保険診療で使われるコンポジットレジンは、虫歯治療でよく使われていますが、これを使ってセラミッククラウンの修理を行うことがあります。

コンポジットレジンで修理するメリット

コンポジットレジンは、虫歯の歯を削って形を整えたら、その日のうちに詰めて治療を終えられます。

これをダイレクトボンディングといいますが、即日治療が可能なのがコンポジットレジン治療の特徴です。

コンポジットレジンを使ってセラミッククラウンを修理すると、すぐに治療を終えることができるのが利点です。

コンポジットレジンで修理するデメリット

・セラミックと接着しにくい

セラミックとコンポジットレジンは接着性がさほど強くありません。

そのため、コンポジットレジンで欠けた部分を詰めてみても、すぐに取れてしまう可能性があります。

・光沢感に差が出る

コンポジットレジンには、セラミックのような透明感、光沢感がありません。

色合いこそ、歯の色に合わせられても、透明感や光沢感がないために、人工物感のあるのっぺりとした仕上がりになってしまいます。

そのために、セラミックの部分とコンポジットレジンで修理したところでは色合いに差が生まれ、元のような自然な感じにはなりません。

・色合いが変わってくる

保険診療のコンポジットレジンは、修理した当初は、歯の色に近い白色であったとしても、時間の経過とともに少しずつ黄色味がかってくる傾向があります。

また、表面も荒れてザラザラとしてくるので、表面にプラークが付着し、修理したところだけ不衛生な感じになってしまうこともあります。

■グラディアダイレクトでセラミッククラウンを修理すると

グラディアダイレクトもコンポジットレジンという治療材料の一種です。

ですが、前述した保険診療のそれと異なり、フィラーという粉末成分にセラミックの微細な粉末を配合しています。

しかも、フィラーのサイズや形は、本物の歯と同じような仕上がりになるように最適化されていますし、フィラー自体も特殊加工が施されています。

これにより、グラディアダイレクトは保険診療のコンポジットレジンでは得られないような利点を生んでいます。

セラミックと同じくらいにきれいに仕上がる

グラディアダイレクトで治療した歯は、本物の歯と同じような色合い、光沢感、透明感が得られます。

この点は、セラミッククラウンも同じです。

セラミッククラウンの美しい仕上がりという利点を損なわずに、グラディアダイレクトなら違和感なく修理することが可能です。

一日で治療が終わる

グラディアダイレクトもコンポジットレジンの一種ですので、コンポジットレジンと同じくダイレクトボンディングで治療します。

形を整えたら、その日のうちに治療を終えることができますので、忙しくて通院ににくい方にも受けていただきやすい治療と言えます。

新しく作り直すよりも低コスト

セラミッククラウンを一から作り直すとなると、大変高額な費用がかかります。

グラディアダイレクトもセラミッククラウンと同じく保険診療の適応外の治療ですが、部分的な補修にとどまるため、セラミッククラウンの再製作と比べると、費用はより低コストになります。

色合いの変化が起こりにくい

保険診療のコンポジットレジンと異なり、グラディアダイレクトは時間が経っても黄色味を帯びるような色合いの変化が生じにくい性質を持っています。

一度修理すると、いつまでもきれいな色合いを保ってくれます。

強度が高い

グラディアダイレクトは、配合しているフィラーの特徴により保険診療のコンポジットレジンと比べて、材料自体の強度が高くなっています。

そのために、表面が荒れてくることがほとんどなく、いつまでも滑らかな状態を保っています。

■グラディアダイレクトでの修理の手順

グラディアダイレクトで修理する場合、詰めたグラディアダイレクトが外れにくくするように以下のような手順で修理を行います。

①前処置

欠けた部分を少し削って角を取り除き、詰めやすいように形を整えます。

そして、接着面積を広げるために表面をざらっとした感じにします。

②接着処理

形成した部分に接着処理剤を塗布します。

このとき、光硬化型の接着剤を塗布しますので、専用の光照射器を使って光線を当てます。

③詰める

専用の器材を使って、グラディアダイレクトを直接欠けた部分に詰めていきます。

④光照射

グラディアダイレクトがきれいに詰め終わったら、専用の光照射器を使って、20〜60秒ほどの間光を当てて硬めます。

⑤形態の修正と研磨

グラディアダイレクトが十分硬まったら、形の微調整を行い、表面をきれいに磨きます。

■まとめ

今回は、セラミッククラウンが欠けた場合に、グラディアダイレクトでなおす利点についてご説明しました。

欠けたセラミッククラウンをグラディアダイレクトでなおすと

①セラミックと同じくらいにきれいに仕上がる

②一日で治療が終わる

③新しく作り直すよりも低コスト

④色合いの変化が起こりにくい

⑤強度が高い

などの利点があります。

もし、セラミッククラウンが欠けたりしてお困りの方は、グラディアダイレクトで修理してみてはいかがでしょうか。

当院は、グラディアダイレクトの治療経験が豊富な歯科医院です。

グラディアダイレクトでの修理にご興味をお持ちになったら、一度ご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。