根元が黒ずんだ歯もグラディアダイレクトできれいにしませんか?

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、根元が黒ずんだ歯もグラディアダイレクトできれいにしませんか?についてお話しします。

前歯の虫歯治療で被せ物をした歯が、年数を経ると縁が黒ずんでくることがあります。

これをブラックマージンとよんでいます。

虫歯ではありませんので、痛むことも腫れることもないのですが、前歯に生じるととても目立つので解消したいと望む方も多いです。

ブラックマージンを解消するには、いろいろな方法がありますが、おすすめなのがグラディアダイレクトです。

今回は、ブラックマージンを解消するのにグラディアダイレクトを使うメリットについてお話しします。

■ブラックマージンとは

ブラックマージンとは、保険診療の被せ物など、金属を使った被せ物を装着した歯の被せ物の縁が黒くなって見える症状を言います。

あくまでも見た目だけの問題ですので、歯がしみたり、痛くなったりすることはありません。

■ブラックマージンの原因

ブラックマージンの原因はいろいろあります。

中でも多いのが、被せ物をつけた時点では歯ぐきが覆っていてわからなかったものが、歯周病の進行に伴い歯ぐきがやせ、被せ物に使っている金属が露出して見えるようになったというものです。

この他には、被せ物に使っている金属が溶け出して染み込んだという原因も挙げられます。

■ブラックマージンを解消する方法

ブラックマージンが歯そのものの変色にある場合は、まず金属の心棒を取り除き、金属を使わないオールセラミッククラウンなどの被せ物に取り替えることが多いです。

この方法では、金属が染み込んだ部分を取り除いて新たに被せますので、ブラックマージンは確実に解消されます。

しかも、金属が溶け出す原因となる金属自体を使わないので同じ原因でブラックマージンが再発することもありません。

しかし、金属の心棒を外す際に歯根に亀裂が入るとその歯は抜歯しなくてはならなくなりますし、歯型をとって被せ物を一から作り直しますので、費用も高くなりますし、治療期間も長くなります。

被せ物が完成するまでのしばらくの間、仮歯で生活しなくてはなりません。

そこまでするのはなかなか大変です。

そこでお勧めしたいのが、グラディアダイレクトです。

■グラディアダイレクトでブラックマージンを解消する利点

治療後の仕上がりが自然できれい

グラディアダイレクトは、コンポジットレジンという歯科治療材料の一種です。

コンポジットレジンでの治療は、保険診療でも受けられますが、保険診療で使うコンポジットレジンとグラディアダイレクトは材質が全く異なります。

コンポジットレジンは、ベースレジンにフィラーという粉末成分を混ぜて作られています。

保険診療のコンポジットレジンはガラス粉末を主成分としたフィラーですが、グラディアダイレクトのそれはセラミックの粉末を配合したハイブリッドフィラーです。

しかも、治療後の光沢感や透明感が本物の歯と同じようにするために形やサイズを最適化する特殊加工を施しています。

このために、グラディアダイレクトで治すと、本物の歯と同じような仕上がりになります。

ちなみに、保険診療のコンポジットレジンの場合は、透明感のないのっぺりとした感じになりますので、人工物感が拭えない仕上がりです。

一日で治療が終わる

コンポジットレジンでの治療は、削ったその日のうちに詰めて治すダイレクトボンディングとよばれる治療です。

グラディアダイレクトも同様で、一日で治療が終わります。

セラミック製の被せ物のように歯型を取ることもなければ、治療に何日も通う必要もありません。

忙しくて通いにくい方や、歯型取りが苦手な方も安心して受けていただけます。

歯根に亀裂が入るリスクがない

セラミック製の被せ物で治す場合、金属製の心棒が残ったままですとまた繰り返してしまいます。

そこで、心棒を取り外して被せ直すのですが、心棒を外すときに歯根に亀裂が入るリスクがあります。

歯根に亀裂が入ると歯を抜かなければならなくなります。

一方、グラディアダイレクトは、被せ物は外さず、ブラックマージン部分だけを削って詰めます。

歯根に亀裂が入るリスクはありませんし、歯を削る量も抑えられる利点もあります。

金属色を遮断できる

グラディアダイレクトには、オペーカーという金属色や強く変色した部分の色合いを遮るための専用材料があります。

オペーカーを効果的に使えば、被せ物を残したままでも十分きれいな状態に戻すことができます。

費用が抑えられる

グラディアダイレクトは、保険診療の適応を受けていません。

オールセラミッククラウンなどのセラミック系の被せ物も同様です。

保険診療でない治療、つまり自費治療はそれぞれの歯科医院が独自に費用を設定しますが、被せ物を丸ごと作るオールセラミッククラウンは大変高額な治療です。

グラディアダイレクトも自費治療ですが、オールセラミッククラウンのように被せ直すわけではなく、あくまでもブラックマージン部だけを処置する治療法です。

オールセラミッククラウンと比べると費用を抑えることができます。

■まとめ

今回は、ブラックマージンを解消するためにグラディアダイレクトを使った場合の利点についてお話ししました。

ブラックマージン解消にグラディアダイレクトを使うと

①治療後の仕上がりが自然できれい

②一日で治療が終わる

③歯根に亀裂が入るリスクがない

④金属色を遮断できる

⑤費用が抑えられる

などの利点があります。

当院は、グラディアダイレクトの治療経験が豊富な歯科医院です。

ブラックマージンで悩んでいる方で、グラディアダイレクトにご興味をお持ちになった方は、一度ご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。