治療した歯に生じた茶色いラインもグラディアダイレクトで解消しよう

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、治療した歯に生じた茶色いラインもグラディアダイレクトで解消しようについてお話しします。

虫歯や歯頚部という歯肉付近の歯冠部がくぼんでくるくさび状欠損などの治療でコンポジットレジン充填を受けたところの周辺に黒や茶色の模様がついてくることがあります。

多くの場合は、虫歯の再発ではなく、コンポジットレジンの経年劣化や単なる着色だったりしますが、そのままでは見た目がとても悪くなってしまいます。

このような症状で悩んでいる場合、詰めてあるコンポジットレジンを取り外して新しく詰め直すしか解消する方法がありません。

同じコンポジットレジンで治すと、いずれ再び汚れてきますから、グラディアダイレクトで治しませんか?

今回は、グラディアダイレクトで治した場合の利点などについてわかりやすくお話しします。

■コンポジットレジンが着色する原因とは

コンポジットレジンの周辺の茶色い線の場合

コンポジットレジンで詰めた部分の境目に茶色い線が生じてきた場合、その原因の一つは、コンポジットレジンの縁が欠けたり、すり減ったりして生まれた段差に食べ物や飲み物の色素成分が入り込むことです。

もちろん、虫歯がコンポジットレジンと歯の境目のあたりに生じ、そのために変色している場合もあります。

コンポジットレジンの変色の場合

コンポジットレジンは、ベースレジンにフィラーという粉末状の成分を配合して作られたプラスチック材料です。

コンポジットレジンが経年劣化によりその表面がすり減ってくると、フィラー成分が表面に出てきます。

フィラーが出てくることにより、表面に凹凸が生まれ、食べ物や飲み物の色素成分が入り込みやすくなります。

コンポジットレジンの周囲からすり減りが進行した場合、コンポジットレジンで治療した部分を囲むように、茶色や黒色の模様が現れます。

■着色したコンポジットレジンの症状とは

コンポジットレジンが着色した歯の症状は、着色だけの場合、見た目の影響のほかは、特にありません。

痛みが出たり腫れたりするような症状は生じません。

■着色したコンポジットレジンをグラディアダイレクトで治す利点

虫歯ではなく単なる着色だけでは、痛みや腫れなどの自覚症状は現れませんので、気にならない場合はそのまま経過観察となります。

もし、気になる場合は、古いコンポジットレジンを取り除いて、詰めなおす必要があります。

同じようにコンポジットレジンで治すと、いずれ同じ状態に戻ってしまいます。

そこで、グラディアダイレクトで治すとどうなるのでしょうか。

本物の歯のような仕上がりになる

グラディアダイレクトもコンポジットレジンの一種ですが、フィラーにセラミックの粉末を配合しているハイブリッドタイプになります。

フィラーのサイズや種類は、コンポジットレジンの仕上がりや強さに関係しています。

グラディアダイレクトは、ハイブリッドタイプとすること、そしてフィラーの形やサイズを最適化することで、本物の歯のような光沢感、透明感が得られるようになっています。

そのためにグラディアダイレクトで治すと本物の歯のような仕上がりになります。

色合いの変化が少ない

グラディアダイレクトは、コンポジットレジンと異なり、経年劣化による色合いの変化が起こりにくいです。

表面に着色汚れがついても、きれいに磨けば再び元の色合いに戻ります。

強度が高い

グラディアダイレクトは、コンポジットレジンと比べて強度が高められています。

すり減りを起こしにくいので、コンポジットレジンのようにフィラーが出てくることがありませんし、詰めた部分の縁がかけてくる心配も少ないです。

こうした特徴により、コンポジットレジンよりも着色を起こすリスクが低下しています。

歯を削る量が少ない

前述したように、単なる着色汚れの場合、削って詰め直す必要はなく、経過観察となります。

そこを敢えて古いコンポジットレジンを取り除いてきれいにするわけですから、できることならあまり歯を削らないできれいにしたいものです。

審美性の高い治療法の一つに、ポーセレンラミネートベニアという治療法があります。

この治療法は、歯の表面のエナメル質の層だけを薄く削って、セラミックのカバーを貼り付ける方法なのですが、歯の表側を全面的に削る必要があります。

着色部位以外の健全なところも削らなくてはならないわけです。

グラディアダイレクトなら、気になるところだけを選択的に削り取って治せますので、歯を削る量を最小限に留めることが可能です。

一日で治る

グラディアダイレクトはコンポジットレジンの一種ですので、保険診療のコンポジットレジンと同じく、削ったその日のうちに詰めて治療を終えることができます。

この治療法をダイレクトボンディングと言うのですが、何度も通院する必要がないこと、歯型を取る必要がないので歯型取りが苦手な方にも安心して受けていただけます。

■まとめ

今回は、コンポジットレジンで治した部分の周囲に現れた茶色いラインをグラディアダイレクトできれいにする利点についてお話ししました。

着色汚れをグラディアダイレクトできれいにすると

①本物の歯のような仕上がりになる

②色合いの変化が少ない

③強度が高い

④歯を削る量が少ない

⑤一日で治る

などの利点があります。

もう一度コンポジットレジンで治すという方法もありますが、コンポジットレジンで治すと、しばらくすると再び同じ症状が現れてしまいます。

グラディアダイレクトならこうしたリスクも起こりにくいですので、グラディアダイレクトで着色汚れを解消してみてはいかがでしょうか。

当院は、グラディアダイレクトの治療経験も豊富ですので、ご関心をお持ちになった方は、一度ご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。