審美性で比較したグラディアダイレクトの利点

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、審美性で比較したグラディアダイレクトの利点についてお話しします。

むし歯の治療法や歯が欠けたときの治療法は、実にいろいろな種類があり、どの方法を選べがいいのか、迷ってしまう方も多いです。

当然ですが、それぞれに利点や欠点があります。

そこで、今回は審美性、つまり治療後の見た目という視点で、それぞれを評価し、グラディアダイレクトの良さをご紹介してみようと思います。

■審美性の低い治療法

コンポジットレジン充填

コンポジットレジンとは、歯の色に似たプラスチック製の治療材料です。

コンポジットレジンを詰める治療法が、コンポジットレジン充填処置です。

この治療法は、歯を削ったその日のうちに、詰めて治療を終えることができるので、治療期間が1日で済みます。

歯の色に似ているのが利点ですが、その一方、コンポジットレジンは光沢感に乏しく、のっぺりとした感じになり、人工物感が拭えない仕上がりになります。

しかも、時間が経つと次第に黄色味を帯びて、少しずつ色合いが合わなくなってきます。

コンポジットレジンインレー

インレーとは、奥歯の虫歯治療などに用いられる小ぶりの詰め物のことで、歯型をとって作ります。

コンポジットレジンインレーは、インレーの素材にコンポジットレジンを用いた詰め物です。

歯の色に似ているので、目立ちにくいですが、プラスチックで作られているので強度が低く、噛み合わせの力に耐えにくく、欠けたり割れたりするリスクが高いのが欠点です。

コンポジットレジンと同じく、黄色味がかってくるものなのですが、色合いの変化が感じられるまでに破損してしまうことが多いです。

インレーは、歯の形を整えてから歯型を取り、石膏で歯の模型を作り、その模型を利用して製作します。

そのため、治療は一日では終わらず、何回か通院が必要です。

金属インレー

金属インレーは、金属を使って作成されたインレーです。

コンポジットレジンインレーと異なり、金属で作られているので強度が高く、噛み合わせの力にもしっかり耐えられるのですが、金属で作られているので審美性が低いのが欠点です。

金属インレーもやはり一日では治療は終わりません。

3/4冠と4/5冠

3/4冠は前歯の表側以外の面を、4/5冠は奥歯の表側以外の面を覆う金属製の被せ物です。

歯の一部を残していますが、ほとんどの面が銀色の金属で覆われるので、審美性はよくないです。

3/4冠も4/5冠も歯型をとって作ります。

ここにあげた治療法は、保険診療の適応を受けています。

保険診療を受けているので、これらの治療にかかる費用は抑えられますが、審美性の視点で見ると劣る治療となります。

■審美性の高い治療法

グラディアダイレクト

グラディアダイレクトは、コンポジットレジンに分類される治療材料ですが、主要な構成成分であるフィラーという粉末成分にセラミックの粉末を配合しています。

その上、治療後に本物の歯と同じような光沢感を得るために、フィラー自体に特殊加工を施しています。

詰める際にも、複数の色合いを組み合わせる積層充填という方法を採用しています。

これらの効果により、グラディアダイレクトで治療すると、本物の歯のような仕上がりになります。

しかも、後述するそのほかの審美性の高い治療法と異なり、歯型をとることがありません。

歯を削ったその日のうちに、治療が完了します。

歯型をとる辛さもなく、治療期間も短い特徴は、審美性の高さとともにグラディアダイレクトの利点です。

ジルコニアインレー

ジルコニアとは、透明度の高い審美性に優れたセラミックです。

大変硬いので加工が難しかったのですが、コンピューターを使ったCADCAMという加工技術に伴い、近年普及してきました。

ジルコニアは硬いので、噛み合わせの力にも耐えられるだけの強度が備わっていますが、瞬間的に加わる力に弱く、割れてしまうこともあります。

ジルコニアインレーは、歯の形を整えた上で歯型をとって歯の石膏模型を作り、その模型を利用して製作します。

そのため、治療期間は1日では終わりません。

e-maxインレー

e-maxとは、二ケイ酸リチウムというセラミック材料です。

曲げ強度が高く、セラミックの弱点である脆さを低下させています。

e-maxもその他のセラミック材料と同じく、審美性が高いのですが、やはり一日では治療は終わりません。

歯型をとって、後日改めて歯科医院に来院して装着してもらう必要があります。

ポーセレンラミネートベニア

ポーセレンラミネートベニアは、歯の表面につけるセラミック製の薄いカバーです。

表側全体をセラミックで覆うので審美性が高く、違和感なく本物の歯のようにきれいに仕上がります。

削る厚みはエナメル質のみにとどまるとはいえ、歯の表側は健全なところも含めて削る必要がありますし、歯の裏側には使えません。

ポーセレンラミネートベニアも歯型をとって製作しますので、治療は一日では終わりません。

■まとめ

今回は、治療後の審美性の視点を中心に、グラディアダイレクトの利点についてお話ししました。

自費診療は全て審美性が高く、治療費の安い保険診療の治療は審美性に劣ることになります。

審美性が高い治療法の中でも、グラディアダイレクトは治療期間が1日で済むという利点も兼ね備えています。

もし、虫歯の治療、欠けた歯の治療で、どの方法にしようか迷っている方は、これを機会にぜひグラディアダイレクトでの治療を考えてみてはいかがでしょうか。

当院は、グラディアダイレクトの治療経験が豊富です。

興味をお持ちになった方は、この機会に一度ご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。