治療期間で比較、グラディアダイレクトの利点

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、治療期間で比較、グラディアダイレクトの利点についてお話しします。

虫歯や外傷などで欠けた歯の治療法はいろいろあります。

保険診療で受けられる治療法もあれば、そうでないものもありますし、審美性に優れた治療法もあれば、審美性は二の次で強度を優先したタイプもあります。

いろいろな治療法があるので、どれにすればいいのか迷ってしまう方もおられるのではないでしょうか。

そこで、今回はさまざまな治療法を治療期間で比較してみたいと思います。

■治療期間が一日で終わる治療法

ダイレクトボンディングとよばれる虫歯を削った歯の穴に直接詰める治療法の場合、治療自体は一日で終えることができます。

コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填は、保険診療の適応を受けているダイレクトボンディング法です。

コンポジットレジンとは、歯の色に似たプラスチック製の治療材料です。

保険診療で受けられるので、治療費が安いことがメリットです。

歯の色に似ているので目立ちにくく治せます。

ところが、保険診療で使うコンポジットレジンは、強度があまり高くありません。

奥歯の虫歯治療や前歯の先端部分の治療に使うと欠けることもしばしばです。

目立ちにくいとは言いつつも、光沢感がないのでのっぺりとした人工物感が拭えませんし、年月が経過すると黄色味を帯びてきます。

グラディアダイレクト

グラディアダイレクトもコンポジットレジンに分類される治療材料ですが、こちらは保険診療の適応を受けていません。

保険診療の適応を受けているコンポジットレジンと異なり、フィラーという成分にセラミックの粉末を配合したり、詰めた後に歯と同じような透明感を出すために、フィラーに特殊加工を施したりしています。

また、詰める際には、何種類もの色合いを組み合わせて詰める積層充填という詰め方を採用しています。

こうした特徴により、グラディアダイレクトはわずか一日の治療日数で、本物の歯のような仕上がりになります。

■治療に2回以上通院が必要な治療法

歯型をとって被せたり詰めたりするタイプの治療では、少なくとも2回以上の通院が必要です。

インレー

インレーとは、小ぶりの詰め物のことです。

インレーを製作するためには、歯を削って形を整えた上で、歯型をとって石膏を使って歯の模型を作ります。

この模型を利用して、インレーを製作します。

そのため、ダイレクトボンディングのように一日で治療が終わりません。

保険診療では、金属製のインレーが良く使われていますが、コンポジットレジン製のインレーもあります。

金属製のインレーは、強度が高く噛み合わせの力にしっかり耐えられるので、奥歯の治療でも問題なく使えますが、その反面銀色に光るので違和感の残る仕上がりになります。

コンポジットレジン製のインレーは、歯の色に近い色合いなので目立ちにくいのですが、強度が弱いので噛み合わせの力に負けてしばしば欠けます。

3/4冠や4/5冠

3/4冠や4/5冠とは、インレーほど小ぶりではないけれど、いわゆる銀歯のように歯全体を覆わない金属製の被せ物のことです。

多くのケースでは、歯の表面を残し、それ以外の部分を金属で覆うように作られます。

3/4冠や4/5冠は、保険診療で受けられる治療なので、治療費は低く抑えられます。

しかし、銀色の金属が歯の広い面積を覆うので見た目は悪くなりますし、歯型をとって製作しますので、治療に何度か通院する必要があります。

ジルコニアインレー

ジルコニアとは、光透過性の高いセラミック材料です。

強度も高く、噛み合わせの力にも耐えられますが、瞬間的に強い力がかかると割れてしまうリスクもあります。

ジルコニアで作られたインレーは、見た目がとても自然できれいです。

しかもコンポジットレジンインレーのような強度の心配もありません。

ところが、前述したように瞬間的に加わる力に弱いので、歯を削って形を整えるとき、噛み合わせの力がインレー全体に均等に加わるように作らなくてはなりませんので、歯を広めに削ることになります。

また、破損したときの修理も困難です。

ジルコニアインレーも、歯型をとり、歯の模型を作ってから、製作に取り掛かります。

歯型をとる日、完成してセットする日、というように何回かの通院が必要な治療法です。

e-maxインレー

e-maxとは、二ケイ酸リチウムという成分で作られたガラスセラミックという新世代に治療材料です。

e-maxは曲げ強度が高いので、セラミック製材料の持つ形を変形させようとする力に弱いという弱点を補う性質を持っています。

しかも、光透過性があり、審美性が高いです。

e-maxインレーもやはり、歯型をとって作られた歯の模型を利用して製作しますので、治療に何回か通院しなければなりません。

ポーセレンラミネートベニア

ポーセレンラミネートベニアとは、前歯の表面に薄いセラミックのカバーを貼り付ける治療法です。

歯の表面全体に貼り付けるので、どこを削ったかわからないほど、きれいに治せます。

エナメル質しか削らないので、歯に加わる侵襲性は低いのですが、部分的にカバーすることができないので、健全なところまで歯を削らなくてはならないのが欠点です。

ポーセレンラミネートベニアも、歯型をとって作られた歯の石膏模型を利用して製作するので、数回の通院が必要となります。

■比較してみた上でのグラディアダイレクトの利点

グラディアダイレクトは治療が一日で終わります。

しかも、審美性も高いです。

治療が一日で終わり、かつ審美性の高い治療法はグラディアダイレクトだけです。

治療期間と審美性の双方を兼ね備えている点が、グラディアダイレクトの利点と言えるでしょう。

■まとめ

今回は、歯の治療法を治療期間で比較してみました。

グラディアダイレクトは、治療期間が1日だけですので、忙しくて通院しにくい方でも治療を受けていただけやすい治療です。

しかも、本物の歯のような仕上がりになります。

審美性の高い治療法のいずれもが、何回かの通院が必要なので、一日で終わるグラディアダイレクトの利点がおわかりいただけるのではないでしょうか。

グラディアダイレクトは、歯に直接詰めるので、特に奥歯の治療は難易度が高くなります。

しかし、当院のように治療経験が豊富なところなら、特に問題とはなりません。

グラディアダイレクトでの治療に関心をお持ちになった方は、一度ご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。