修理もできるグラディアダイレクト

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、修理もできるグラディアダイレクトについてお話しします。

形あるものいつかは壊れると言います。

審美性に優れた治療法であるグラディアダイレクトも同じです。

もし、グラディアダイレクトで治療した部分が欠けたら修理できるのでしょうか。

また、グラディアダイレクト以外の治療法では、破損した場合に修理できるのでしょうか。

今回は、治療した歯が破損した場合に修理できるのかどうかについてお話しします。

■グラディアダイレクトで治療した歯が欠けた場合

グラディアダイレクトとは

グラディアダイレクトは、コンポジットレジンというタイプの歯科治療材料です。

コンポジットレジンとは、歯の色に似たプラスチックのことです。

保険診療にもコンポジットレジンはありますが、グラディアダイレクトはそれとはあらゆる点で異なる材料です。

グラディアダイレクトでは、成分の一種であるフィラーという粉末成分に、セラミックの粉末を配合しています。

セラミックは、強度が高い上、歯の色に合わせた自然な色合いを再現できる素材です。

その上、フィラー自体も歯の色合いにマッチするように特殊な加工を施しています。

こうした加工は保険診療のコンポジットレジンには行われていません。

グラディアダイレクトは、これらの特徴によって、歯と同じような色合いに、そして強い強度を併せ持った治療材料になっています。

グラディアダイレクトが破損したときは

強度が高いとはいえ、破損する可能性が全くないのかというと、残念ながらそのようなことはなく、稀に破損することもあります。

ですが、グラディアダイレクトは、歯に直接詰めるダイレクトボンディングという方法に分類される治療法です。

この特性を利用し、グラディアダイレクトが破損した場合も、破損の仕方によっては残る部分を取り外さずに最大限利用した上で、破損した部分に再び充填して修理することが可能です。

■グラディアダイレクト以外の治療法は修理できるのか

コンポジットレジンインレー

インレーとは、奥歯の虫歯治療で用いられる小ぶりの詰め物のことです。

保険診療で行われているインレー治療は、コンポジットレジンインレーと金属インレーの2種類です。

このうちコンポジットレジンインレーは、コンポジットレジンで作られたインレーのことです。

歯の色に似ていますが、グラディアダイレクトのような自然な光沢感がなく、人工物のようなのっぺりとした感じになります。

しかも、コンポジットレジンインレーは強度が弱く、噛み合わせの力に負けてしばしば破損します。

破損した場合、修理は難しいので、コンポジットレジンインレーを取り外して、改めて歯形をとって作り直します。

金属インレー

金属インレーとは、金銀パラジウム合金という金属材料で作られたインレーのことです。

保険診療では、奥歯の強い噛み合わせの力に耐えられるインレーとして多用されていますが、銀色なので見た目が悪いのが欠点です。

金属インレーが破損することは稀ですが、決して破損しないわけではありません。

金属インレーが破損した場合は、修理はできません。

残っている金属インレーを取り外し、歯を削って形を整えたうえで、歯形をとって作り直さなければなりません。

ジルコニアインレー

保険診療のインレーは、見た目の点で違和感があり、自然な感じに仕上がりません。

そこで審美性の高いインレーとしてジルコニア製のインレーが作られました。

ジルコニアは、人工ダイヤモンドとしても使われている強度の高いセラミック材料の一種で、非常に硬い上、審美性の高い素材です。

そのためジルコニアで作られたインレーは、本物の歯のような仕上がりになります。

しかし、他のセラミックと同じく、ジルコニアは強度が高い反面、強い力が瞬間的に加わると破損する恐れがあります。

ジルコニアインレーは、残念ながら破損した場合の修理が困難です。

もし破損した場合、残っている部分を外して歯を削って形を整え直し、改めて歯型をとって一から作り直す必要があります。

e-maxインレー

e-maxとは、二ケイ酸リチウムガラスで作られたセラミック製の材料で、半透明な白さで非常に審美性の高い素材です。

e-maxインレーは、このe-maxで作られたインレーのことで、ジルコニアインレーのように見た目が非常にきれいです。

しかも、一般的なセラミックと比べ、曲げ強度が高いので、噛み合わせのときに加わる力に強いという性質もあります。

いかに曲げ強度の高いe-maxインレーといえども、瞬間的に加わる力には抗し切れず割れてしまうことがあります。

e-maxインレーもやはりジルコニアインレーと同じく破損した場合の修理は困難です。

やはり残るe-maxインレーを取り外して歯を削り、歯型をとって作り直さなければなりません。

■まとめ

グラディアダイレクトは、強度が強いのが利点ですが、欠けるリスクがないわけではありません。

ですが、保険診療のインレーや、審美性の高いセラミックインレー、e-maxなどの治療法と異なり、グラディアダイレクトは修理ができます。

もちろん、欠け方によっては修理できないこともありますが、修理できる可能性があるのは大きなメリットです。

審美性の高い治療法を選ぶ際には、こうした点にも考慮してみてはいかがでしょうか。

当院はグラディアダイレクトの症例数も多く、興味をお持ちになった方はぜひ、ご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。