ホワイトコートするならグラディアダイレクトがおすすめ!

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、ホワイトコートするならグラディアダイレクトがおすすめ!についてお話しします。

歯を白くしたいときいろいろな方法がありますが、その一つにホワイトコートという方法があります。

ホワイトコートは、グラディアダイレクトのように自然な感じに歯を白くすることができるのでしょうか。

そもそも、ホワイトコートとはどのような治療法なのでしょうか。

今回は、ホワイトコートとはどのような治療法なのか、そしてグラディアダイレクトと比べるとどのような特性を持っているのかなどについてお話しします。

■ホワイトコートとは

ホワイトコートとは、歯を削らずに歯を白くする手段のひとつです。

歯に白い材料を貼り付けるので、歯のマニキュアと表現されることもあります。

ホワイトコートの利点

・一日で白くなる

歯に白色の材料を塗って歯を白くする方法です。

処置にかかる時間は20分もかかりません。

このようにすぐに歯を白くできますので、結婚式などのイベントの前にお化粧をするような感覚で受ける方もいます。

・歯を削らない

ホワイトコートは歯を削ることなく、元の歯の上に白色の材料を盛り上げていく方法です。

歯を削らない上に、刺激の強い薬も使わないので、健康上のリスクもありません。

ホワイトコートの欠点

ホワイトコートはいいことばかりではありません。

・人工物感のある白さ

ホワイトコートの色合いは数種類あり、その中からお好みの白さを選べますが、どの白さも人工物感のあるのっぺりとした白さです。

今回、比較する対象であるグラディアダイレクトのような自然な色合いの白さにはなりません。

・剥がれやすい

ホワイトコートは、上から貼りつけているだけなので、剥がれやすい傾向があります。

早ければ1ヶ月ほど、長くても3ヶ月ほど経過すると剥がれてきます。

そのため、爪楊枝などで歯と歯の間を掃除すると剥がれてしまうことがあるので、爪楊枝を使ったり、歯間ブラシを入れたりするのは避けてください。

■ホワイトコートと比べたグラディアダイレクトの利点

グラディアダイレクトは、一日で歯の色合いを合わせることができるという点では、ホワイトコートと違いはありません。

もちろん、細かな色合いの調整をするために治療時間は、ホワイトコートより少し長くなりますが。

グラディアダイレクトとホワイトコートを比較してみて、グラディアダイレクトの持つ優れた利点をご説明します。

本物の歯のような色合いになる

グラディアダイレクトは、いろいろな色合いのそれを組み合わせて詰める積層充填という方法で本物歯と同じような色合いを再現します。

同じ歯でも場所によっては色合いが異なりますが、ホワイトコートで治した場合はほぼ一色で合わせてしまいますので、歯が本来持っている微妙な色合いの差を再現できません。

これもホワイトコートの持つ人工物感の理由のひとつです。

グラディアダイレクトは、歯が本来持っている微妙な色合いの違いを再現できるため、本物の歯のような色合いになります。

透明感のある美しい仕上がりにできる

歯の最も外側のエナメル質は、透明に近い色合いなので、この透明感を再現しなければ、自然な光沢感は得られません。

グラディアダイレクトは、ホワイトコートと違い透明感のある透明感のある美しい仕上がりに治せます。

これは、グラディアダイレクトの成分であるフィラーという微細な成分に理由があります。

グラディアダイレクトのフィラーは、セラミックの粉末を配合しています。

その上、フィラー自体も歯の色合いが自然になるようサイズが最適化されていますし、特殊な加工が施されています。

こうしたフィラーの特性により、本物の歯と同じような光沢感に仕上がります。

剥がれにくく長持ちする

グラディアダイレクトは、グラディアダイレクトを貼る前の歯の表面の処理方法だけでなく、接着方法そのものがホワイトコートよりも優れています。

そのため、グラディアダイレクトは歯としっかりとくっつきます。

ホワイトコートが持つ剥がれやすいというリスクがほとんどありません。

もちろん、長持ちしたからと言って、当初の色合いが変化してしまうようでは困ります。

グラディアダイレクトは、経年劣化を起こして色合いが変化することもあまりありません。

たとえ、表面に着色汚れがついたとしても、磨けば再びきれいな状態に戻せます。

いったん、グラディアダイレクトで歯の色合いをきれいにした後は、長期にわたりしっかり安定して維持されるという利点があります。

部分的に治すこともできる

歯の全体ではなく、ごく一部だけ色合いが気になる、そこだけ白くしたいという場合であってもホワイトコートは歯全体に白い材料を貼りつけなければなりません。

ところが、グラディアダイレクトは、気になるところの色合いだけを選択的に治すことができます。

■まとめ

今回は、ホワイトコートとグラディアダイレクトを比較してみました。

ホワイトコートと違い、グラディアダイレクトには

①本物の歯のような色合い

②明感のある美しい仕上がり

③剥がれにくく長持ちする

④部分的に治すこともできる

などの利点があります。

ホワイトコートは即効性がある方法なのですが、こうした点からグラディアダイレクトの方が優れているので、ホワイトコートをするならグラディアダイレクトの方がおすすめです。

歯を可能な限り早く白くしたい方は、グラディアダイレクトはいかがでしょうか。

当院は、グラディアダイレクトの治療経験も多く、ご興味をお持ちになったら一度ご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。