ホワイトスポットとグラディアダイレクト

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、ホワイトスポットとグラディアダイレクトについてお話しします。

歯の表面い白い濃い部分が生じると、それはホワイトスポットという病気かもしれません。

ホワイトスポットは、歯のしみのようですが、歯のクリーニングを受けても解消できません。

ホワイトスポットとはどのような病気なのでしょうか。

そして、ホワイトスポットは、どのようにして治せばいいのでしょうか。

今回は、グラディアダイレクトで治療する効果や、その他の治療法などについてお話しします。

■ホワイトスポットとは

ホワイトスポットとは、歯の表面に生じた濃い白い部分のことです。

その原因は、歯のエナメル質の形成不全と虫歯による脱灰に分けられます。

エナメル質形成不全

歯は、内側の象牙質の外側をエナメル質という骨よりも硬い物質で覆う構造をしています。

永久歯が生えてくる前、つまり骨の中で成長している時期に、先に生えている乳歯の虫歯や栄養不足などがあると、エナメル質の形成が不十分になることがあります。

エナメル質がきちんと作られないことにより、歯の表面の光の透過性に差が生じ、ホワイトスポットが生まれます。

エナメル質形成不全によるホワイトスポットは、エナメル質の構造が再生することがないので、自然に治ることはありません。

脱灰(だっかい)

虫歯は虫歯菌の作り出す乳酸が歯を溶かす病気です。

虫歯の初期段階では、まずエナメル質のリンやカルシウムといった成分が溶け出します。
これを脱灰とよんでいます。

脱灰されたエナメル質は、表面構造が粗くなり、光の透過性が変化し、ホワイトスポットとなります。

なお、歯には脱灰された部分を自然に修復する再石灰化という働きがあり、お口の中をきれいに保っていれば、脱灰された部分が治ってなくなることもあります。

■ホワイトスポットをグラディアダイレクトで治すと

ホワイトスポットが気になる場合、エナメル質の形成不全によって生じたタイプのホワイトスポットなら、グラディアダイレクトで治してみてはいかがでしょうか。

正常な部分との違いがわからないほどの仕上がり

グラディアダイレクトは、フィラーという粉末状の成分に、セラミックの細かな粉末を歯にとって最適な形や大きさに加工して配合しています。

しかも、光の反射具合が本物の歯と同じようになるように、特殊加工を施しています。

詰め方も、何種類もの色合いのグラディアダイレクトを組み合わせる積層充填という特殊な方法を採用しています。

このため、グラディアダイレクトで治した部分の仕上がりは、本物の歯と同じような感じになります。

ホワイトスポットの部分だけ削って、グラディアダイレクトで治しても、どこにホワイトスポットがあったのかわからないほど、自然な仕上がりになります。

一日で治る

グラディアダイレクトは、削ったその日のうちに、詰めて治療を完了させられる治療法です。

何回も通院する必要なく、その上歯型を取らないので、歯型取りが苦手な方も安心して受けていただける治療法です。

色合いの変化がほとんどない

グラディアダイレクトは、後述するコンポジットレジン充填のように色合いが変化することがほとんどありません。

いったん、グラディアダイレクトで治した歯は、かなりの年月にわたってその色合いを保つことができます。

もし、表面に着色汚れついたとしても、磨いてきれいにすれば再び元の色合いに戻せます。

歯を削る量が少ない

グラディアダイレクトで治す場合、ホワイトスポットの部分だけを削って詰めます。

ホワイトスポットになっていない周囲の健全な部分を削る必要がないので、歯を削る量が少なく抑えられるのもグラディアダイレクトの利点です。

■グラディアダイレクト以外の治療法

ホワイトスポットの治療法は、グラディアダイレクトだけではありません。

そのほかの代表的な方法とグラディアダイレクトを比べてみてください。

コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填とは、歯の色に似たコンポジットレジンというプラスチック製の詰め物で治す治療法です。

保険診療の適応を受けていますので、治療費を安く抑えられる上、グラディアダイレクトのように一日で治療が完了するのが利点です。

その反面、コンポジットレジンは人工物のような感じが拭えない白さなので、仕上がりが不自然になりますし、時間の経過とともに黄色味がかってくる傾向があります。

また、時間が経つと表面が荒れて、プラークがつきやすくなり、虫歯のリスクが高くなったり、汚れた感じに見えたりするデメリットもあります。

ポーセレンラミネートベニア

ポーセレンラミネートベニアとは、歯の表面に貼り付けるセラミックの薄いカバーのことです。

歯の表側の全体をエナメル質を薄く削って、セラミックのカバーを貼り付けます。

審美的には大変きれいに仕上がりますが、ホワイトスポットでない部分も含めて削らなくてはなりませんので、歯を削る量が多いというデメリットがあります。

また、製作するためには歯型を取らなくてはならず、通院回数も増えますし、歯型取りが苦手な方には辛い治療法と言えるかもしれません。

■まとめ

今回は、ホワイトスポットの治療法としてのグラディアダイレクトについてお話ししました。

気になっているホワイトスポットがエナメル質の形成不全によるものなら、それをグラディアダイレクトで治すと、

①正常な部分と違和感のない仕上がりになる

②一日で治療が終わる

③色合いの変化がほとんどない

④歯を削る量が少ない

などの利点があります。

もし、ホワイトスポットが気になっている方は、グラディアダイレクトで治してみてはいかがでしょうか。

当院は、グラディアダイレクトでの治療経験が豊富ですので、一度ご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。