ジルコニアインレーとグラディアダイレクト

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、ジルコニアインレーとグラディアダイレクトについてお話しします。

※グラディアダイレクトの無料相談を始めました。LINE登録し、メッセージをお送りください!

友だち追加

奥歯の虫歯治療は、神経まで至らないようなサイズの場合、保険診療で行うと金属製のインレーという小ぶりの詰め物をすることが多いです。

奥歯とはいえ、出来るだけ目立ちにくく治したいとお望みになる方には、保険診療では受けられませんが、ジルコニアインレーやグラディアダイレクトという選択肢もあります。

これらにはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、ジルコニアインレーとグラディアダイレクトを比較してみようと思います。

■ジルコニアインレーとは

ジルコニアとは、オールセラミッククラウンの内側を補強するためによく利用されている透明度の高いセラミック材料です。

このジルコニアを使って

ジルコニアインレーの利点

・審美性が高い

ジルコニアは、光透過性を持つセラミック材料です。

そのため、ジルコニアで作られたインレーには本物の歯のような透明感や光沢感があり、審美性が高いという利点があります。

・強度が高い

ジルコニアは、強度がとても高い材料です。

奥歯の噛み合わせの力にも十分耐えられる強度を持っています。

・費用が高い

ジルコニアインレーは、保険診療の適応を受けていませんので、自費診療の治療となります。

治療費はそれぞれの歯科医院で異なりますが、高額になります。

ジルコニアインレーの弱点

・歯より硬い

ジルコニアの強度はとても高いと前述しました。

強度が高いのは利点でもありますが、ジルコニアのそれは、歯よりも硬いため、噛み合わせた歯の方がすり減ってしまう恐れがあります。

硬すぎるのも難点と言えるかもしれません。

・割れることがある

ジルコニアは強度が高い材料なのですが、衝撃に弱いという性質も持っています。

噛み合わせの力が瞬間的にかかったりすることで割れるリスクがあります。

・歯型を取らなければならない

ジルコニアインレーは、歯型をとって歯の模型を作り、その上で製作されます。

嘔吐反射の強い方にとっては、この歯型をとる作業が大変辛いと思われます。

また、ジルコニアインレーは完成まで数日かかりますので、治療に何度か通わなくてはなりません。

・丸みを帯びるような形に窩洞を整えなければならない

ジルコニアインレーは、前述したように衝撃に弱いので、噛み合わせの力がジルコニアインレー全体に均等にかかるようにしなければなりません。

そこで、虫歯を削って整えた歯の穴を窩洞と言いますが、窩洞を全体的に丸みを帯びたような感じに仕上げ、角が生じないよう気を付けます。

そのため、健全なところであっても、丸みを与えるために削る必要があります。

・製作が難しい

ジルコニアはとても硬いので加工はとても困難です。

したがって、ジルコニアインレーの製作はとても難しいです。

■グラディアダイレクトで治療した場合

では、ジルコニアインレーではなく、グラディアダイレクトで治した場合はどうでしょうか。

グラディアダイレクトの利点

・本物の歯のようにきれいに仕上がる

グラディアダイレクトは、フィラーという成分にセラミックの粉末を配合したハイブリッドタイプのフィラーを採用しています。

しかも、このハイブリッドフィラーは、本物の歯のような光の反射や透明感を得るために特殊加工を施されています。

そのため、グラディアダイレクトで治すと、本物の歯のような仕上がりになります。

・十分な強度を持ちつつ、硬すぎない

グラディアダイレクトは、フィラーにセラミックの粉末を配合しているので、素材自体の強度が高くなっています。

しかも、ジルコニアのように硬すぎることがなく、ほどよい柔軟性も兼ね備えています。

そのため、噛み合わせの歯など周囲の歯を傷めるリスクが少ないです。

・窩洞を形成した日に治療が終わる

グラディアダイレクトは、窩洞を形成したら、そのまま充填作業に移ります。

積層充填という何種類もの色合いのグラディアダイレクトを組み合わせて詰める方法を採用していますが、一日で治療を終えることができます。

忙しくて歯科医院に通院する時間を確保しにくい方や、少しでも早く治療を終えたい方には嬉しい特徴です。

・歯型を取らない

グラディアダイレクトは、窩洞に直接詰めていくタイプなので、歯型をとる必要がありません。

歯型取りが苦手な人も受けていただくことができます。

・色合いが長持ちする

保険診療のコンポジットレジン充填という治療法は、グラディアダイレクトと同じく窩洞を形成したその日のうちに、レジンを詰めて治療を完了できる治療法ですが、時間とともに少しずつ黄色味を帯びてくるという欠点があります。

これに対し、グラディアダイレクトは、時間が経っても色合いが変化することがほとんどありません。

表面に着色汚れがついたとしても、磨けばすぐに元のきれいな状態に戻せます。

グラディアダイレクトの弱点

・治療が難しい

ジルコニアインレーのように、歯型をとって歯の模型上で作る方が、手技的には簡単になります。

グラディアダイレクトは、直接お口の中で歯に詰めていきますので、奥歯になればなるほど難しくなります。

しかし、当院のようにグラディアダイレクトでの治療経験が豊富な歯科医院なら、その心配はありません。

■まとめ

今回は、奥歯の虫歯治療方法であるジルコニアインレーとグラディアダイレクトを比べてみました。

ジルコニアインレーではなくグラディアダイレクトを利用すると、

①本物の歯のようにきれいに仕上がる

②十分な強度を持ちつつ、硬すぎない

③窩洞を形成した日に治療が終わる

④歯型を取らない

⑤色合いが長持ちする

などの利点が得られます。

特に歯型を取らず、治療が一日で終わるメリットは大変大きいです。

もし、奥歯の虫歯をきれいに治したい方は、グラディアダイレクトはいかがでしょうか。

当院は、グラディアダイレクトの治療経験も豊富なので、よろしければご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。