e-maxとグラディアダイレクトについて

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、e-maxとグラディアダイレクトについてお話しします。

※グラディアダイレクトの無料相談を始めました。LINE登録し、メッセージをお送りください!

友だち追加

虫歯の治療法はいろいろあります。

大きな虫歯になれば、歯の神経を取り除いて、差し歯にしますが、そこまでいかないサイズの虫歯であれば、奥歯の場合、インレーという小ぶりの詰め物で治すことがあります。

保険診療のインレーは金属製なので見た目に劣りますが、自費診療であれば費用は高くなりますが歯の色に合わせたインレーにすることもできます。

その一つにe-maxという材料でできたインレーがあります。

審美性の高い治療法にはグラディアダイレクトも挙げられます。

e-maxとグラディアダイレクトはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、e-maxインレーとグラディアダイレクトを比較してみましょう。

■e-maxインレーとは

e-maxとは、近年開発された二ケイ酸リチウムを主成分とした新型のガラスセラミック材料です。

これを使って作られた詰め物がe-maxインレーです。

e-maxインレーの利点

・柔軟性がある

セラミック系の材料は、強度は高いものの変形させるような圧力をかけると容易に壊れてしまうという性質があります。

ところがe-maxは、一般的によく用いられているセラミック系材料よりも曲げ強度が高くなっています。

具体的に数値で表すとe-maxは400MPaまでの力に耐えられますが、一般的なセラミック材料は80MPaなので、e-maxの優秀さがわかってもらえると思います。

・審美性が高い

e-maxは、光透過性を持つ素材です。

そのため、e-maxで治すと本物の歯のようにきれいに直せます。

・金属アレルギーがない

e-maxは金属を使わないので、金属アレルギーの方も安心して使えます。

・製作の難易度が低い

e-maxインレーは、歯型をとって作られた歯の石膏模型を利用して作られます。

お口の中で直接作るのではないので、作りやすいのも利点の一つです。

e-maxインレーの弱点

・歯型を取らなくてはならない

審美性が高いとはいえ、インレーという詰め物であるには変わりないので、e-maxインレーを作るためには、歯型を取らなくてはなりません。

嘔吐反射の強い方の場合、この歯型取りはなかなか辛いものがありますし、完成したe-maxインレーを装着するために後日改めて歯科医院を受診しなければなりません。

・窩洞形成が難しい

窩洞とは、虫歯を削って治療しやすいように形を整えた穴のことです。

柔軟性があるとはいえ、それはあくまでもその他のセラミック材料と比べればという意味です。

そのため、窩洞を作る際には、噛み合わせた時に加わる力が分散しないように丸みを帯びた形にしなければなりません。

少しでも噛み合わせの力が不均等に加わる箇所があるとe-maxインレーは壊れてしまいます。

■グラディアダイレクトで治すと

では、e-maxではなくグラディアダイレクトで治すとどうでしょうか。

グラディアダイレクトの利点

・本物の歯のような仕上がり

グラディアダイレクトは、フィラーという粉末状の成分にセラミックの細かな粉末を配合しています。

そして、フィラーそのものも、本物の歯と同じような色合いになるように特殊加工を施していますし、何種類ものグラディアダイレクトを組み合わせて詰める積層充填という詰め方をします。

こうした特性により、グラディアダイレクトで治療すると本物の歯と同じような仕上がりになります。

・その日のうちに治療が終わる

グラディアダイレクトは、窩洞を形成した日に、その窩洞に詰めて治療を終えることができます。

e-maxインレーと異なり、歯型をとる必要がありません。

嘔吐反射が強い方も、仕事が忙しくて通いにくい方も、受けていただきやすい治療法です。

・奥歯の噛み合わせにも耐えられる

グラディアダイレクトは、レジン系とよばれる治療材料です。

セラミック系材料と違い、素材そのものが柔軟です。

しかも、フィラーにセラミックを配合していますので、他のレジン系材料よりも強度が高くなっています。

この特徴により、グラディアダイレクトは奥歯の噛み合わせの力にもしっかりと耐えてくれます。

・歯を削る量が少ない

グラディアダイレクトは、窩洞が多少凸凹としていても、その凸凹をならすために専用の材料グラディアダイレクト フローを使って、窩洞をきれいな状態に整えることができます。

窩洞をならすために削る必要がないので、健全な部分を必要以上に削る必要がありません。

・色の変化が少ない

保険診療で使われるレジン系の材料では、当初は白色でも唾液を吸収して、次第に黄色味がかってくる性質があります。

グラディアダイレクトならそのようなことはなく、長年にわたり詰めた当初の色合いを保ち続けることができます。

グラディアダイレクトの弱点

・治療が難しい

グラディアダイレクトは、お口の中で直接、積層充填して治します。

歯型をとって治すe-maxインレーの方が、治療の難易度が低いです。

ただし、グラディアダイレクトが難易度が高いとはいえ、当院のようにグラディアダイレクトでの治療の経験が豊富な歯科医師であれば、問題なく対応できます。

■まとめ

今回は、e-maxインレーとグラディアダイレクトを比較してみました。

e-maxではなくグラディアダイレクトで治療すると

①本物の歯と同じような仕上がりになる

②治療が一日で終わる

③奥歯の噛み合わせにも耐えられる

④歯を削る量が少ない

⑤色合いの変化がほとんどない

などの利点があります。

もし、奥歯の虫歯をこれから治そうと思っているなら、治療も一日で完了するグラディアダイレクトはいかがでしょうか。

少しでも関心を抱いていただけたなら、当院ならグラディアダイレクトの治療経験も多いので、一度ご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。