金属インレーとグラディアダイレクトの比較

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、「金属インレーとグラディアダイレクトの比較」についてお話しします。

※グラディアダイレクトの無料相談を始めました。LINE登録し、メッセージをお送りください!

友だち追加

奥歯にむし歯ができた場合、大きければ歯の神経を取り除き、被せ物をつける治療が行われます。

一方、神経を取り除く必要がない小さめのむし歯の場合は、保険診療ではインレーという小ぶりの金属製の詰め物をして治します。

しかしながら、奥歯とはいえ、金属インレーをつけると見た目が悪くなってしまいます。

特に下顎の虫歯治療をした場合はよく目立ちます。

そんなときは、グラディアダイレクトはいかがでしょうか。

グラディアダイレクトを選ぶとほとんど分からないくらいきれいに治せます。

今回は、金属インレーとグラディアダイレクトを比較しみようと思います。

■金属インレー修復治療

奥歯の小ぶりのむし歯治療で一般的によく行われるのが、金属製のインレーによる治療です。

メリット

・費用が安い

保険診療で受け/pられる治療なので、治療費を安く抑えることができます。

窓口での負担割合が3割の方の場合、歯の種類と虫歯の形によって差がありますが、1300円〜2500円で治療が受けられます。

・技術的に簡単

金属インレーは、歯を削って歯の模型を作った上で、その歯の模型を使って製作します。

お口の中で直接作るわけではなく、いろいろな方向から見える歯の模型上で、明るいところで作りますから、製作に要する技術的な難易度が低いです。

デメリット

・目立つ

金属インレーは、金銀パラジウム合金という金属で作られています。

この合金は銀色をしています。

奥歯とはいえ、目立ってしまうことは避けられません。

・通院回数が多い

前述したように金属インレーは、歯型をとって歯の模型を作り、その上で製作します。

したがって、歯を削った日にセットすることができないので、少なくとも2回は歯科医院に通院しなければなりません。

・歯を削る量が多い

金属インレーは、歯に直接くっつくわけではありません。

そこで、歯の健全な部分も削って歯にかけるようにしなければすぐに外れてしまいます。

接着剤をつけてもそうです。

金属インレーには、健全なところも削る、つまり歯を削る量が多いというデメリットがあるわけです。

■グラディアダイレクトでの治療

グラディアダイレクトで治療した場合の特徴をご説明します。

メリット

・見た目が自然できれい

グラディアダイレクトは、あらゆる歯の色に合わせやすいように、色味のラインナップがとても豊富です。

しかも、歯の構造に応じていろいろな色味を組み合わせて詰めていく積層充填という詰め方を採用しています。

このため、グラディアダイレクトで治療すると本物の歯のような自然な仕上がりになります。

金属インレーのように不自然な仕上がりにならないのが、グラディアダイレクトの最大の利点と言えます。

・一日で治療が終わる

グラディアダイレクトは、虫歯を削ったその日のうちに、詰めて治すことができます。

治療が一日で終わるのも大きなメリットです。

・歯を削る量が少ない

グラディアダイレクトは、金属インレーと異なり外れないようにするために健全な部分を削る必要がありません。

むし歯歯の部分を削り、そこに接着剤を塗って、詰めて治します。

金属インレーと比べて、歯を削る量を抑えることができるメリットがあります。

・強度が強い

一日で治療が終わる保険診療の治療法には、コンポジットレジンは歯の色に似たプラスチックを詰めるコンポジットレジン充填処置があります。

グラディアダイレクトに似ていますが、強度が弱く、奥歯のむし歯治療に用いると、欠けたり外れたりしやすい傾向があります。

対して、グラディアダイレクトは成分にセラミックの粉末を配合するなどしているため、強度が高く、奥歯に加わる噛み合わせの力にも十分対応できます。

・レントゲン写真に写る

奥歯は前歯と比べるととても見えにくい歯ですから、むし歯になっても気が付きにくいこともしばしばあります。

そこで奥歯用のグラディアダイレクトは、レントゲン写真に写るようにして、むし歯などの異常を早く発見できるように作られています。

なお、保険診療のコンポジットレジンは、レントゲン写真には写りません。

デメリット

・費用が高い

保険診療の適応を受けている金属インレーと比べると、グラディアダイレクトは自費診療なのでどうしても費用が高くなってしまいます。

・難易度が高い

歯の模型上で製作する金属インレーと比べると、お口の中で直接治すグラディアダイレクトはどうしても難易度が高くなってしまいます。

■まとめ

今回は、奥歯のむし歯治療での金属インレーとグラディアダイレクトを比較してみました。

奥歯のむし歯をグラディアダイレクトで治療すると、

①仕上がりが本物の歯のようにきれい

②一日で治療が終わる

③歯を削る量が少ない

④強度が高い

⑤レントゲン写真に写る

などの利点があります。

確かに保険診療の金属インレーより費用が高くなるデメリットはありますが、それを上回る利点がたくさんあります。

奥歯のグラディアダイレクト治療は難易度の高い治療法ですが、当院はグラディアダイレクトの治療経験も多く十分対応しております。

これから、どのようにして奥歯のむし歯を治そうか迷っている方は、グラディアダイレクトはいかがでしょうか。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。