金属アレルギーでも安心なグラディアダイレクト

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、金属アレルギーでも安心なグラディアダイレクトについてお話しします。

現在の虫歯を削って詰める修復治療では、金属材料が多用されています。

歯科で使われる金属材料は、さまざまな金属を掛け合わせた合金が使われています。

例えば、いわゆる銀歯は、金と銀、パラジウムの合金です。

これはあくまでも一例に過ぎませんが、もし、この合金の一成分にアレルギーがあれば、その金属は使えなくなります。

しかし、そんな方でもグラディアダイレクトなら大丈夫です。

今回は、金属アレルギーとグラディアダイレクトについてお話ししたいと思います。

■金属アレルギーとは

金属アレルギーとは、ある種の金属にアレルギー反応を示し、皮膚やお口の粘膜に発赤などの炎症症状を引き起こす病気のことです。

全ての金属にアレルギー症状を引き起こすのではなく、特定の金属にのみ生じますので、その金属が含まれていなければ心配ありません。

金属アレルギーの症状

アレルギーを引き起こす金属が触れた皮膚や粘膜が赤く腫れたり、かゆみなどが生じます。

お口の中でも同じです。

もし、歯科で使っている金属材料にアレルギー反応を示した場合、その金属材料が触れたお口の粘膜が赤く腫れたり、ただれたりします。

金属アレルギーの検査

金属アレルギーがあるかどうか、どの金属にアレルギーがあるのかは、パッチテストを行なって判定します。

この検査では、アレルギーを疑う金属を皮膚に貼り付けて、異常が生じないかどうかを調べます。

歯科で使う金属にアレルギーがあるかもしれない場合、治療前にまず検査を受ける必要があります。

なお、歯科材料の金属にアレルギーを疑ったとしても、検査は歯科では行わず、皮膚科で行われます。

■グラディアダイレクトなら大丈夫

グラディアダイレクトは、コンポジットレジンに分類される合成樹脂でできた歯科の治療材料です。

金属成分が含まれていない

仕上がりに大きく影響するグラディアダイレクトのフィラーという成分には、歯の色味や光沢感、透明感を再現するために、セラミックの粉末を配合したり、特殊加工を施したりしていますが、金属成分を使っていません。

したがって、金属アレルギーのある方でも安心して受けていただけます。

もちろん、事前の金属アレルギーのテストも必要ありません。

金属アレルギーがある方の一例

例えば、歯にインレーという小ぶりの金属製の詰め物が入っているとして、その金属にアレルギーが生じたとします。

もし、インレーを外したとして、そのままにしておくわけにはいきません。

保険診療のコンポジットレジンでは強度が足りないので、インレーの代用にするのは難しいです。

しかし、グラディアダイレクトなら強度が高いので、インレーを外した後に金属を一切配合していないグラディアダイレクトで治すことが可能です。

■グラディアダイレクトのその他の利点

仕上がりがとてもきれい

前述したように、グラディアダイレクトは、フィラーという成分に特徴があります。

これにより、グラディアダイレクトで治した部分は、正常な部分と色味や透明感がほとんど同じで、一見するとどこを治したのかわからないほどきれいに仕上がります。

歯を削る量が少ない

虫歯を削って形を整えた穴を窩洞といいます。

原則的に窩洞は凸凹を減らし、滑らかにするよう求められています。

つまり、凸凹をならすというために、健全なところを削らなくてはならないわけです。

ところが、グラディアダイレクトでは、凸凹を削らずにならすために、フローという専用のレジンが用意されています。

他の治療法と比べて、歯を削る量が少なくてすみます。

もちろん、被せ物の治療の際に削る量と比べてもグラディアダイレクトの方が少ないです。

削る量が少ないので、歯が痛くなりにくいメリットもあります。

治療が一日で終わる

グラディアダイレクトは、窩洞を形成した日のうちに、盛り上げて治すことができます。

つまり、治療に要する日数が一日で済むわけです。

被せ物の場合は、歯型をとって、後日、歯にセットすることがほとんどなので、お仕事や学業でなかなか通院しにくいという方にとっては、大きな利点と言えるでしょう。

大きい虫歯には使いにくい

歯の神経に至るような大きな虫歯の治療は、さしものグラディアダイレクトでも荷が重いです。

そのようなケースでかつ、金属アレルギーがある場合に、本物の歯のようなきれいな仕上がりを希望する方は、オールセラミッククラウンなどのセラミック製の被せ物を選んだ方がいいでしょう。

■まとめ

今回は、金属アレルギーとグラディアダイレクトについてお話ししました。

グラディアダイレクトは、金属成分を配合していません

そのため、金属アレルギーの方でも安心して受けていただけます。

また、

①仕上がりがとてもきれい

②歯を削る量が少ない

③一日で治療が終わる

などのメリットもあります。

残念ながら、歯の神経に至るような大きな虫歯治療には使いにくいですが、そうでない場合は、金属アレルギーのある方もグラディアダイレクトはいかがでしょうか。

当院は、グラディアダイレクトの治療経験が豊富なので、金属アレルギーで困っている方は是非ご相談ください。

*金属アレルギーと診断された方は、診断した医院名および所在地、診療科、電話番号があれば
金属を使わない診療を健康保険内で治療を受けることができます。詳しくはご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。