グラディアダイレクトとセラミックインレーの比較

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

本日は、グラディアダイレクトとセラミックインレーの比較についてお話しします。

奥歯に生じた小ぶりの虫歯に用いられる治療法にインレーがあります。

インレーとは、歯の一部だけに詰める詰め物のことです。

小さいとはいえ、やはり金属のインレーをつけると目立ちますので、目立ちにくい治療法としてグラディアダイレクトやセラミックインレーが開発されました。

グラディアダイレクトとセラミックインレーには、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、グラディアダイレクトとセラミックインレーを比較してみたいと思います。

※グラディアダイレクトの無料相談を始めました。LINE登録よろしくお願いします。

友だち追加

■グラディアダイレクトとは

グラディアダイレクトは、 コンポジットレジンという歯科の治療用材料の一種です。

コンポジットレジンという材料自体は保険診療でも幅広く利用されていますが、それらとは異なり、グラディアダイレクトは本物の歯のような自然な白さ、透明感を再現できるよう作られた優れた材料です。

グラディアダイレクトの特徴

・自然で違和感のない仕上がり

グラディアダイレクトは、フィラーという構成成分にセラミックの粉末をまぜたり、特殊な加工を施したりした結果、本物の歯と同じような色味や透明感を獲得することができました。

そのため、グラディアダイレクトで治した場合、本物の歯のような色合いや光沢感、透明感が得られ、自然で違和感のない仕上がりになります。

・1日で治療が完了する

グラディアダイレクトは、削ったその日のうちに、詰めて治せます。

つまり、グラディアダイレクトに必要な治療期間は、わずか1日です。

・削る量が少ない

虫歯を削った穴を窩洞(かどう)といいます。

グラディアダイレクトは、凸凹としていても窩洞を埋めやすくするための専用の虫歯を削ったそのままを窩洞として利用できます。

凸凹ととしたところを埋めて窩洞の形を整えるフローという専用の詰め物が用意されているからです。

したがって、窩洞の形を整えるためだけに健全な部分を削る必要がありませんので、歯を削る量が少なくてすみます。

■セラミックインレーとは

一般的に保険診療で用いられるインレーは、金属インレーです。

金属インレーは、金銀パラジウム合金という金属で作られており、その色は銀色です。

小ぶりでしかも奥歯に付けるとはいえ、どうしても目立ってしまいますので、できるだけ目立たないようにするために作られたのが、セラミックインレーです。

セラミック製の被せ物と同じく、セラミックインレーで治した歯は自然な仕上がりになります。

セラミックインレーの特徴

・仕上がりがきれい

セラミックで作られていますので、装着後の仕上がりが自然で違和感がありません。

しかも、歯型をとって作りますので、グラディアダイレクトよりも製作上の技術的な困難さが低く合わせやすいです。

・耐久性が高い

セラミックは、身近なところでは食器の陶器に使われています。

陶器はとても硬いですよね。

セラミックで作られたインレーもやはり硬いです。

そのため、食事の際の噛み合わせによるすり減りが起こりにくいという物理的な性質ももってます。

・少なくとも2回は通院が必要

セラミックインレーの手順は、まず歯の形を整えて歯型を取り、その歯型をもとにして歯の模型を作ります。

この歯の模型上でセラミックインレーは作られます。

つまり、少なくとも2回は通院が必要となり、その間、仮の詰め物で過ごさなくてはなりません。

あくまでも仮の詰め物なので、外れやすいですし、舌触りもよくなく、食べ物も挟まりやすいです。

・角がないようにしなければならない

セラミックインレーは、硬いのですが割れやすい傾向があります。

したがって、割れにくくするために、窩洞は角がないように丸みを帯びていなければなりません。

つまり、丸みを与えるために、健全な部分も削る必要があるわけです。

・自費診療

セラミックインレーもグラディアダイレクトと同じく自費診療です。

費用はそれぞれの歯科医院で異なりますが、グラディアダイレクトよりも高い傾向があります。

■グラディアダイレクトとセラミックインレーの比較

仕上がり

グラディアダイレクトもセラミックインレーも、本物の歯と同じような自然な仕上がりになります。

治療期間

グラディアダイレクトは、削った日のうちに詰めて治せますから、治療期間は1日です。

セラミックインレーは、歯型をとって作った歯の模型上で製作しますので、少なくとも2日は必要です。

治療期間では、グラディアダイレクトの方が優れています。

費用

グラディアダイレクトもセラミックインレーも自費診療ですから、それぞれの歯科医院で決めています。

詳しい費用は受診する歯科医院で相談していただかなくてはいけませんが、グラディアダイレクトの方が少し安価な傾向がみられます。

歯を削る量

グラディアダイレクトは、虫歯を削ってできた穴をそのまま利用して埋めることができます。

一方、セラミックインレーは丸みを帯びるようにする必要があり、角を取るために余分に削らなくてはなりませんから、そのようなことが必要ないグラディアダイレクトの方が優れています。

難易度

グラディアダイレクトは、狭くて暗いお口の中で直接詰めて治します。

奥に行けば行くほど、難しくなります。

一方、セラミックインレーは歯型をとって歯の模型を作って、その上で製作します。

たとえ最も奥の歯であったとしても、歯の模型上では虫歯の位置は難易度に関係しません。

したがって難易度で考えると、セラミックインレーの方が低くなります。

■まとめ

今回は、奥歯の治療でグラディアダイレクトとセラミックインレーを比較してみました。

グラディアダイレクトもセラミックインレーもどちらも自然で違和感のない仕上がりになります。

一方、治療期間や費用ではグラディアダイレクトの方が優れています。

歯を削る量もより少ないです。

治療の難易度ではセラミックインレーの方が容易ですが、たとえ難しくても当院のようにグラディアダイレクトの治療経験が多く、グラディアダイレクトの特徴をよく理解していれば、十分きれいに治せます。

もし、グラディアダイレクトでの治療を考えておられるなら、経験豊富な当院で一度ご相談ください。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は東京にある、多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、東京都大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

東京都大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。