歯肉の検査って(歯周病の検査)

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

歯周病に限らず、病気の治療を進めるためにはまず検査が必要です。

検査を行わなければ、病状が把握できませんから、治療計画も立てられないからです。

では、歯周病を疑わせる患者さんが来院した時、歯科医師はどのような検査を行うのでしょうか。

今回は、歯周病の検査についてご説明します。

■歯周病の検査項目

歯周病の検査では、『歯周ポケットの深さ』『歯の動揺度』『出血の有無』『お口の清掃状態』『お口の写真撮影』『レントゲン写真撮影』などを行います。

ただし、これらをすべて行うわけではありません。

例えば歯周基本検査とよばれる最も基本的な歯周病検査では、『歯周ポケットの深さ』『歯の動揺度』の検査だけが行われます。

また、『歯周ポケットの深さ』は、歯周基本検査では歯1本あたり1カ所だけ記録しますが、歯周精密検査という検査になれば、歯1本あたり4カ所以上記録するというように、同じ検査項目でも検査方法が異なる場合もあります。

『歯周ポケットの深さ』

歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの隙間の溝です。

歯周病が進行していくと、歯を支える歯槽骨という骨が減っていき、相対的に歯周ポケットが深くなっていきます。

しかも、歯周ポケットは歯周病の原因である歯周病菌が繁殖する温床ともなります。

したがって、歯周ポケットの深さは、歯周病の進行具合に比例するといえますので、歯周ポケットの深さを測るのは、歯周病の病状確認の第一歩です。

前述したように、歯周基本検査では歯の周囲の最も深いところ1ヶ所だけを記録しますが、歯周精密検査では少なくとも4ヶ所以上、必要に応じてさらに増やして記録することもあります。

『歯の動揺度』

歯周病が進行し歯槽骨が減ってくると、歯をしっかりと支えられなくなりますので、歯は次第にグラグラと動き始めます。

そこで、歯がどの程度動いているかを調べるのも、歯周病の大切な検査です。

歯の動揺度は、歯の動き方によって0〜3度の4段階で判定します。

0(正常):歯の動き幅0.2[mm]以内

1度(軽度):左右方向に0.2〜1.0[mm]

2度(中等度):左右・前後方向に1.0〜2.0[mm]

3度(高度):左右・前後方向に2.0[mm]以上、または垂直方向にも沈み込む

『出血の有無』

歯周ポケットの深さを測定するときに、出血するかどうかのチェックです。

出血するようなら、歯ぐきが炎症を起こしていると判断されます。

『お口の清掃状態』

歯周病菌が潜んでいる歯の表面のプラークの付き具合のチェックです。

目で見たり、歯の表面を触れてチェックするだけでなく、プラークの染め出し液を使って、はっきりと明示させることもあります。

『お口の写真撮影』

お口の中の状態を、言葉や数字で表すのが難しいような場合には、写真撮影して歯ぐきや噛み合わせの状態などを記録することもあります。

「百聞は一見にしかず」と言いますが、写真に撮れば、客観的に正確に記録を残せます。

また、患者さんに見てもらうことで、病状やその原因をよく理解してもらえる、治療へのモチベーションを高められるというメリットもあります。

『レントゲン写真撮影』

歯周病によって歯槽骨がどれくらい破壊されたかを知るのには、レントゲン写真の撮影も有効です。

■その他の歯周病検査

前述した『歯周ポケットの深さ』『歯の動揺度』『出血の有無』『お口の清掃状態』『お口の写真撮影』『レントゲン写真撮影』は、歯周病の基本的な検査です。

歯周病の進行具合によってはさらに追加で検査を行います。

噛み合わせ

歯並び全体の噛み合わせのチェックです。

もし、歯並び全体的には歯周病はそれほど進んでいないのに、一部だけ顕著に歯周病が進んでいる場合は、噛み合わせが悪く、それが原因で歯周病になっている可能性があります。

根分岐部

大臼歯とよばれる奥歯は、大きな歯なので歯根が複数あります。

根分岐部とは、歯根の分かれ目のことです。

根分岐部に沿って歯周病が進行していくことがあり、それが疑われる場合は、根分岐部のチェックをします。

根分岐部をチェックする専用の器具を使って、3〜4段階で進行具合を判定します。

プラークの検査

歯周病菌と一言で言いますが、その数は数百種類にのぼると言われています。

この膨大な数の歯周病菌の中のごく一部が、歯周病の発病に強く関与していることが明らかになっています。

プラークを採取して、その中にどんな種類の歯周病菌がいるのか、どれくらいいるのかを、DNAなどを測定して調べるのが目的です。

唾液の検査

歯周病では、唾液を検査することもあります。

乳酸脱水素酵素は、歯周病によって歯ぐきが傷むと、歯ぐきから唾液の中の流れ出す酵素です。

また、歯ぐきが炎症を起こして出血していると、唾液の中に血液が染み込みます。

唾液を採取して、唾液の中に乳酸脱水素酵素や血液成分の一つであるヘモグロビンが含まれているかどうかを測定すれば、歯ぐきの炎症状態がわかるわけです。

歯周ポケットの液体検査

歯ぐきが腫れて、歯周ポケットから滲出液という液体が出ている場合、滲出液がどれくらいの量なのか、その中には歯周病菌が作り出した毒素などが含まれていないかを調べます。

■まとめ

今回は、歯周病の検査についてご紹介しました。

歯周病かどうかは、『歯周ポケットの深さ』『歯の動揺度』『出血の有無』『お口の清掃状態』をチェックしたり、『お口の写真』『レントゲン写真』を撮影したりして検査します。

歯周病の状態をさらに詳しく知りたい時には、『噛み合わせ』や『唾液』『プラーク』の検査を追加して行うこともあります。

歯ぐきの腫れや出血、歯のグラグラなどが気になる場合は、歯科医院でこうした検査を受けるといいでしょう。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。