体に影響する歯周病(歯周病による全身疾患へのリスクファクター)

こんにちは。野原歯科医院院長の野原行雄です。

近年、歯周病と全身疾患についての研究が進み、歯周病は単なるお口の病気ではなく、実は全身疾患とも関係する病気であることが明らかになってきました。

特に注目されているのが、歯周病がリスクファクターとなって、全身疾患が悪化するという点です。

歯周病は、全身疾患にどのような影響を及ぼす病気なのでしょうか。

今回は、歯周病による全身疾患へのリスクファクターについて説明します。

■糖尿病と歯周病

糖尿病は、インスリンというホルモンが不足したり、働きが低下したりすることで、血液中のグルコース(ブドウ糖)を減らすことができなくなる病気です。

糖尿病には、目が見えなくなる、足が腐ってしまう、透析を受けなければならなくなるなどの、いろいろな合併症があるのですが、その一つに歯周病があります。

糖尿病になると、病原菌に対する抵抗力が低下するので、歯周病の原因である歯周病菌に対する抵抗力も低下してしまうからです。

ところが、歯周病が悪化すると糖尿病も悪化することが明らかになってきました。

これは、歯周病菌が作り出す内毒素のせいです。

内毒素は、歯周組織を壊してしまうだけでなく、血液中に入り込むとインスリンの働きを低下させてしまいます。

このため、歯周病が糖尿病を進行させてしまうのです。

■動脈硬化と歯周病

動脈硬化とは、動脈の内側にコレステロールや脂肪分が付着して、動脈の壁の厚みが厚くなり、動脈そのものが狭くなってしまう病気です。

中高年から起こるように思われているかもしれませんが、実は生まれた直後から始まっています。

動脈硬化は、高血圧症や狭心症、心筋梗塞の原因ともなるので見過ごせません。

動脈硬化を起こす原因として、今まで運動不足、脂っこい食事や野菜不足などの偏った食事などの生活上のいろいろな習慣が指摘されてきました。

ところが、最近注目されているのが、歯周病菌です。

歯周病菌が、お口の中から血管の中に入り込みます。

歯周病菌に対し、白血球という免疫細胞が集まってきます。

白血球は体内に侵入してきた病原体に攻撃する際、病原体にくっつくために、粘着性を増す性質があります。

このために、白血球が動脈にへばりつくと、動脈の柔軟性が低下し、動脈硬化が起こると考えられています。

このように、歯周病は動脈硬化を悪化させてしまうリスクファクターなのです。

■狭心症と心筋梗塞と歯周病

狭心症も心筋梗塞も、心臓の筋肉に栄養や酸素を届けている動脈が詰まることで起こる病気です。

動脈が詰まってしまう原因は、動脈硬化です。

前述したように、動脈硬化には歯周病菌が関連している可能性が指摘されています。

したがって、歯周病は狭心症や心筋梗塞という心臓病のリスクファクターと言えます。

■感染性心内膜炎と歯周病

狭心症や心筋梗塞だけでなく、心臓に関わる病気は、この他にもいろいろあります。

その一つに、感染性心内膜炎という病気があります。

これは、心臓の内側や血液の逆流を防ぐ心臓の弁に細菌感染が生じる病気です。

この原因菌の一つに歯周病菌が挙げられています。

お口の中から血液に入り込むと、普通は免疫力で自然に排除されます。

ところが排除されずに、心臓まで運ばれた結果起こると言われています。

感染性心内膜炎の発症にも、歯周病は関与しているわけです。

感染性心内膜炎は、細菌性心内膜炎ともよばれます。

■脳梗塞

脳梗塞は、脳に栄養や酸素を届けている動脈に、首や心臓の動脈に生じていた血栓という血の塊が運ばれてきて詰まったりして起こる病気です。

厚生労働省が出している人口動態統計月報年計(平成30年)という統計調査では、日本人の死亡原因の統計結果も掲載されており、その日本人の死因の第4位が脳血管疾患となっています。

脳血管疾患はいろいろありますが、その中でも死亡率が高いのが脳梗塞です。

脳梗塞も狭心症や心筋梗塞と同じように、動脈硬化が関係していますので、歯周病菌が及ぼす危険性が指摘されています。

そのことから脳梗塞も、歯周病がリスクファクターとなり得るのです。

■低体重児や早産

妊娠中の女性が歯周病にかかっている場合、低体重児として生まれる、もしくは早産のリスクが高くなる傾向が指摘されています。

タバコやアルコールによって、そうしたことが起こることはよく知られているのですが、実は歯周病もそうなのです。

しかも、タバコやアルコールよりも危険性は高いという研究結果も出ています。

低体重児や早産の危険性は、歯周病菌が血管に入り込み、排除してしまう前に、胎盤を通過してしまうことに理由があるとされています。

歯周病は、低体重児や早産のリスクファクターでもあるのです。

■誤嚥性肺炎

前述した厚生労働省の統計によりますと、日本人の死因の第5位は肺炎となっています。

肺炎の一つに、誤嚥性肺炎という肺炎があります。

これは、食べ物や飲み物、異物などを肺や気管に間違って飲み込んでしまうことで起こる肺炎です。

歯周病菌などのお口の中にいる細菌もその原因の一つです。

高齢になると、歯みがきなどのお口のお手入れがきちんとできなくなり、食べ物と一緒に間違えて飲み込んでしまうなどして、リスクが高くなる傾向があります。

歯周病は、誤嚥性肺炎のリスクファクターでもあります。

■まとめ

歯周病は、単に歯周組織に生じる病気ではありません。

実は、心臓病や脳梗塞などの全身疾患とも密接に関係しており、それらのリスクファクターともなっています。

歯周病は治療可能な病気です。

歯周病をしっかりとコントロールして、心臓病や脳梗塞などのリスクを少しでも減らして健康な生活を送るようにしましょう。

大田区鵜の木にある野原歯科医院

野原歯科医院は多摩川線鵜の木駅より徒歩6分のところにございます。

提携駐車場は12台ございます。

野原歯科医院は、大田区鵜の木周辺にお住いの方の歯の健康を第一に考えております。

大田区鵜の木のかかりつけの歯医者として、お気軽にぜひ、ご相談ください。