コンセプト

野原歯科医院が大切にしている方針

過剰診断・過剰治療はいたしません ~患者さまに負担をかけない、正確な診断と治療を徹底しています~

患者さまの負担を軽減するため、症状と必要な治療をしっかりと見極めて
「過剰診断・過剰治療」をなくします。



当院では、院長が専門機関での治療が望ましいと判断した場合、当院で診断・治療はしていません。

過剰診断・過剰治療で、患者さまに負担をおかけしてしまうことを避けるためです。

ていねいで正確な診断を心がけ、そのような治療が必要であれば信頼できる高次医療機関をご紹介させていただきますので、ご安心ください。

見極めを大切にしています。

過剰診断・過剰治療を避けるためには「見極め」をしっかり行うことが大切です。

患者さまが今どのような症状で、どのような辛さがあるのか。そして、その辛さを取るためにはどのような治療を行うべきなのか。

そういった部分をしっかり見極め、本当に必要な治療をご提供することが歯科医師の務めだと考えています。

たとえば、入れ歯治療で「現在使用されている入れ歯を手直しするだけで、心地良く長く使ってもらえそうだ」と診断した場合は、その入れ歯を修理するようにしています。

もちろん「新しい入れ歯を入れたい」というご要望があれば、その方に合った入れ歯をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

まず、現在使っていただいている入れ歯が合わない場合、簡単な修理を行います。それを使っていただき、満足いただけたならば、新たな義歯は作りません。

二つあっても、結局は一つしか使えないからです。また、噛み慣れた愛着のある義歯は心地良いからです。

患者様との信頼関係 〜勤務医を置かず、院長が責任を持って治療します〜

「野原先生に診てもらいたい」と思っていただけるよう
細やかな気遣いで患者さま一人ひとりと信頼関係を築いてまいります。



当院では、歯科治療における技術はもちろんですが、患者さまとの信頼関係を築くことも大切にしています。

おかげさまで開院時からずっと通われている患者さまも非常に多く、長年にわたり患者さまのお口の中の健康をサポートしてまいりました。

また当院では、来院いただいた際に必ず、受付の者が患者さまに「前回の治療はどうでしたか?」とお伺いしています。そうすることで、歯科医師に言いづらいこともお気軽にお伝えいただけると考えているからです。

そして、そこでお伝えいただいたことはカルテに記入し、しっかりと歯科医師と共有いたしますので、二度同じ話をする手間もございません。

「治療が痛かった」「治療時間が長かった」などのご不満が少しでもございましたらお気軽にお話しください。ただし、より正確さを求めるために、二度お聞きすることもありますのでご了承ください。

診療時間について

診療時間外や休診日であっても関係なく、治療中のお口はトラブルを発生してしまいます。

そんな緊急事態に対する不安を取り除くため、当院で現在治療・通院中の患者さまには「いつでもお電話ください」とお伝えしています。

休診日には院内の電話を院長の携帯電話に転送していますので、留守番電話にお名前と症状を入れていただければ状況に応じて対応いたします(初診の患者様を除く)。

また「野原先生に診てもらいたい」と思っていただける患者さまのお気持ちにお応えすべく、代診の歯科医師は置いていません。すべての患者さまのすべて治療を、院長自ら担当いたします。

そうすることで患者さま一人ひとりと密に信頼関係を築き、野原歯科医院でしかできない治療やおもてなしをしていきたいと思っています。

患者様に気持ちよく過ごしていただける院内作り患者様との信頼関係

当院では、患者さまに気持ち良く治療をお受けいただけるよう、ユニットをはじめとした院内環境を常に清潔に保っています。

また、車椅子やベビーカーをご利用の患者さまにも配慮しております。なるべく患者さまをお待たせしないよう予約管理もしっかりと行うなど、患者さまに気持ち良く快適にお過ごしいただける医院を作ってまいります。

もしも、ホームページに記載されている内容と違う、とお感じになられた場合は、教えていただけたら幸いです。